jcomモバイルで「iPhone6s」登場!リファービッシュとは?

jcomモバイルで「iPhone6s」登場!リファービッシュとは?
jcomモバイルのiPhone6sはスタート割引や端末代割引などを利用することができるのでコストを抑えることが可能です。
 リファービッシュ製品になるので新品と同じくらいの性能を保持していて、メーカー保証も付けられているので安心して利用できます。




ケーブル会社のjcomが運営しています

 jcomモバイルは株式会社ジュピターテレコム、通称ジェイコム(jcom)が提供しているMVNOです。jcomはケーブルテレビ事業統括運営や番組供給事業統括運営などを行っていて、現在KDDIの完全子会社になります。jcomのサービスエリアは北海道や宮城、群馬や茨城、東京や埼玉、千葉や神奈川、福岡や熊本、山口などがあげられ、全県単位といより地域によって利用できない箇所があります。
 同じ県や市でも利用できないような場合もあるので注意が必要です。北海道は札幌のみになっていて、jcomモバイルの通信エリアとしてau回線を利用していて日本全国利用することができます。
 尚、Dプランの場合docomo回線を利用することになりますが、au回線と同じように日本全国で利用することが可能です。


端末代割引が適用されます

 iPhone6sはスタート割を利用することができ、毎月1000円割引を12ヶ月利用することができ端末代割引も適用されます。キャッシュバックを利用することができ、割引的適用後の料金は通信データ量3GB/月の場合で月額1980円で12ヶ月の利用です。
 対象サービスに介入してから、jcomの長期契約タイプに新規で申し込みすると、月額料金から端末代金が割引価格になります。
 iPhone6sの64GBの場合は端末代金72000円ですが割引額24000円(1000円x24ヶ月)になるので、実質料金48000円です。
 128GBの場合は端末代金768000円ですが割引額24000円(1000円x24ヶ月)になるので、実質料金52000円になります。


返品されたものを修理したり調整した製品です

 リファービッシュは初期不良などで返品された製品を各メーカーで修理したり調整し再出荷した製品のことです。
 磨き直すや一新するなどのような意味があり、英語のrefurbishが語源になっています。いわゆるメーカー再生品や修理再生品のことで、わけあり商品といった名前でリリースされることもあるでしょう。従来パソコンを中心にリリースされることが多い製品でしたが、近年スマートフォンやタブレット、デジカメなどのように幅広いアイテムがいろいろなショップで販売されています。
 修理サービスを拡充する目的でリファービッシュ製品と交換するサービスを導入していたり、一般消費者がその製品を購入する機会が増えています。初期不良品などを廃棄すると各メーカーは生産や流通・廃棄などの費用を負担することになるのですが、修理したり調整してから販売すると整備費用といった負担だけで済むことが可能です。
 リファービッシュ製品は使用できるパーツを再利用するのでリサイクル商品としても扱われています。


いくつかメリットがあります

 リファービッシュ製品にはいくつかメリットがあり、例えば新品に比べて価格が安いことがあげられます。
 一度リリースされたアイテムを再出荷するので中古品扱いになりますが、10~20%割引で購入すること可能です。
 中古品として製品の状態が良いというメリットがり、基本的に購入した後すぐに返品された製品をベースにしているので使用期間が分からない通常の中古品と比較すると状態は良かったり経年劣化などの心配はありません。
 新品と同じぐらいの製品水準を保持していて何か問題のある箇所の部品は交換されているので、新品と同じくらい厳しい検査に合格した製品だけが出荷されています。メーカー保証をつけられるので便利です。一般的な中古品の場合は1週間~1ヵ月ぐらいの販売店での保証しか利用できませんが、リファービッシュの場合は3カ月~1年ぐらいメーカー保証を利用することができるでしょう。