DMMmobile(DMMモバイル)

【1/31まで】DMM Mobile「HUAWEI P8 lite」新規購入対象で事務手数料無料



スポンサーリンク

 格安SIM大手の DMM Mobile で取り扱われているハーウェイ製の新作SIMフリースマホの人気の「HUAWEI P8 lite」が、新規購入者を対象としていますが、1月31日までの契約がキャンペーン期間となりますが、SIMを開通する際の初期費用とか事務手数料といわれているイニシャルコストが3000円、本来必要なのですが、この事務手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。
 そもそも、この事務手数料を無料にするといったMVNO自体稀なのですが、この機会にこのハーウェイ製の「HUAWEI P8 lite」は購入を検討するに足りるSIMフリースマホなのか、スペックなどから紐解いていきましょう。
 ちなみに、一括購入で、2万8600円(税抜)となります。

◆ハイエンドなデザインフォルム

 5インチのディスプレイという事で、少々大き目のディスプレイに、薄さが7.7mmの超薄型ボディです。また、素材としてはメタルでできており、シンプルさの中に品を持たせた、最近の人気のスマホの傾向に添ったオシャレなデザインであり、見た目で、ハイエンドを強調していると言えるでしょう。


◆「カメラ好き」には、是非!

 スマホとカメラの関係は今や切っても切り離せない関係になってきていますよね。そんな中、「HUAWEI P8 lite」は、カメラもハイスペックです。まず、アウトカメラですが、画素数が1,300万画素という、ハイエンドのスマホのスペックにかなった画素数に仕上がっています。また、自撮り好きにも、かなりの画素数を用意しており、インカメラが、500万画素というスペックぶりです。画素数が良すぎて、写真撮るときに逆に緊張してしまいそうな高品質ですね。
 また、自撮りでも、アウトカメラ使用時でも、一番気になるのが美肌モードですよね。カメラが被写体を捉えると自動で顔認識を行い、しっかり美肌補正してくれます。しかも、10段階の美肌モードがあるので、自分の希望に沿った美肌で撮影してくれます。ちなみに、この美肌ですが、写真だけではなく、動画の撮影に関しても同様に効果を発揮してくれます。
 更にカメラで気になる部分と言えば、夜景ですね。夜景でもこの「HUAWEI P8 lite」は問題なく撮影してくれます。
 ハーウェイの独自機能になりますが、イメージ・シャープニング・アルゴリズムが搭載されており、被写体の明るさ、暗さに左右されることなく、しっかり夜景もきれいに撮影することが可能です。また、この機能もカメラだけではなく、動画の場合もしっかり夜景でも撮影が可能です。


◆処理スピードに自信あり!通信速度も速い!

 処理速度ももちろんハイエンドです。CPUの事ですが、同時に複数の処理をスマートフォンに指示を行うと、画像が粗くなり、カタカタをコマ送りのような状態になったり、画像がぶれてしまう、最悪、立ち上げているアプリや動画などが、フリーズして落ちてしまうと言った問題を感じる事があると思いますが、CPUをオクタコアになっており、分かりやすく言い換えれば、「オクタ=8つ」という事で、8つの頭脳があるという事です。最近のハイエンドモデルが「クアッドコア」という4つの頭脳を持っているスマホが主流でしたが、その倍を搭載しているので、スマホの操作、処理にストレスを感じることは無いでしょう。
 また、通信速度に関しても、優秀です。
 通信速度はスマホ自体というよりは、契約しているMVNOに依存している部分が大きいですが、「HUAWEI P8 lite」はスマホ自体、処理速度の速い高速4G LTE Cat4という最大の通信速度150Mbpsに対応しているのは、心強いですね。


◆サラウンドが一級品

 スマホをステレオとしてイヤホンとつないで聞くことがスマホと音楽の関係であり、スマホをスピーカーとして考える人は少ないと思いますが、実は、この「HUAWEI P8 lite」はスピーカーとしてかなり優秀です。
 アコースティックチャンバー構造のスピーカーが、元の集音時の生の音を再現し、独自技術のSmart PAによって、音が割れると言った問題やハウリング問題も解決して、雑音の無い、きれいな透明感のある音を再現してくれます。

スポンサーリンク

DMMmobile(DMMモバイル)

この記事に関連するコラム

ハイエンドSIMフリースマホZenFone 3 Deluxe

 ASUSの ZenFone3Deluxe はMVNOの格安スマホとしておすすめです。  この最新式のスマホを利用すれば毎月の通信量を大幅に引き下げることができるので、料金を気にせずスマホを使うことが...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

DMM.make ROBOTSから「Tapia(タピア)」の発売開始

 最近では、SIMフリーが進んだおかげもあり、色々な端末が各メーカーからリリースされました。先日はシャープからロボット端末「ロボホン」の発表がありましたが、今回のリリースもロボットです。その名も「T...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

DMM mobile(DMMモバイル)にて、「HUAWEI Y6」発売開始

 業界最安値を謳い文句に、格安SIMを販売しているMVNO「DMM mobile」が、SIMフリースマホの大手「HUAWEI(ハーウェイ)」からリリースされている人気のライトユーザー向けのスマホ「H...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

「DMM Mobile」4月より価格改定!再び最安値へ

 4月1日からMVNO大手の「DMM Mobile」は再び、 業界最安値 になります。昨年の春までは業界最安値ですが、細かい部分、たとえば、3GBの通話プランであったり、5GBの通信専用SIMプ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

通話料を下げるなら「DMMトーク」がお得?

 格安SIMを提供しているMVNOの中で、安い料金設定と、高速通信の速度の質と言う部分で、高い評価を得ているDMM Mobileから、通話料をお得にするユーザー専用アプリ「DMMトーク」がリリースさ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む