DMMmobile(DMMモバイル)

DMM mobile(DMMモバイル)にて、「HUAWEI Y6」発売開始



スポンサーリンク

 業界最安値を謳い文句に、格安SIMを販売しているMVNO「DMM mobile」が、SIMフリースマホの大手「HUAWEI(ハーウェイ)」からリリースされている人気のライトユーザー向けのスマホ「HUAWEI Y6」の発売が決まった。税別で1万6,000円です。


「HUAWEI Y6」ってどうなの?
ベゼル幅の少ない今どきのデザイン
ロック解除が簡単
明るいカメラ
音楽にこだわっている人向け
大容量バッテリー
通話しやすい
DMM mobileで購入したら幾ら?


★ベゼル幅の少ない今どきのデザイン

 最近、人気のスマートフォンのデザインになっているベゼル幅が狭いモデルです。ベゼル幅とは、スマートフォンの表面のディスプレイの淵の部分を差しまして、ベゼル幅が狭いという事は、ディスプレイの占有率が高いと言う意味になります。
 「HUAWEI Y6」は5インチのディスプレイのIPS液晶を搭載しており、鮮明で美しい画像を再現してくれます。ちなみに、 画面占有率は72%という人気のデザインと言えます。


★ロック解除が簡単

 基本的にスマホを利用する際、毎回、自分で設定したパスワードを入力するか、設定した図をなぞって、解除を行います。ところが、これでは、カメラのシャッターチャンスを逃したり、スグに対応したいアプリの起動などに、手間取ってしまい、ストレスを感じる人も少なくありません。
 しかしながら、このスマホは、ロック解除とアプリの起動などを同時に行うことが出来ます。
 あらかじめ、同時に行いたいアプリやブラウザ、カメラなど機能を指定して、 ロック解除する為のスマホ上の指でなぞる動作を決めておけば、そのなぞり方を、ロック状態で行えば、ロック解除と同時に、指定したアプリやカメラの立上げなどが出来るようになっており、ストレスなく、したいタイミングを逃しません。


★明るいカメラ

 1万6千円のスマホとは思えないようなカメラ機能が搭載されています。明るさを示す絞りの単位と言える「F値」は、小さければ小さいほど、明るく、一般的には、1.4から32までの幅があるのですが、「HUAWEI Y6」は F値が2.0という小さい絞りという明るい値になっています。
 絞り込んでの撮影が可能なので、一眼レフのカメラには及びませんが、近くに割いている花に絞りを当てて、背景にボカシを入れるような写真の撮影も可能です。
 また、機能が4種類あり、 マクロ50mm対応レンズを利用すれば、質感をきれいに描写できる接写撮影が可能で、 ビューティーモード撮影を選択すると、顔立ちを際立たせて明るく滑らかな肌が再現できます。また、 ウルトラスナップショットを選択すれば、大事な瞬間を逃しません。スリープ状態から最短1秒程度で撮影が可能です。また、動画の撮影も、 コマぬき動画撮影を利用すれば、時間の経過を凝縮した面白い動画が撮影可能です。


★音楽にこだわっている人向け

 通勤通学などで、スマホを利用して、音楽を楽しんでいる人にもオススメです。ヘッドホンを挿入すると、 自動でイコライザーが立ち上がり、ダンスモードなど、好みの音楽に合わせたイコライザーを選択したり、細かい設定なども可能で、好きな音楽をさらに自分好みにすることができます。


★大容量バッテリー

 バッテリーは、2,200mAhのバッテリーで、普段遣いであれば、1日程度であれば、十分に長持ちしてくれる電池を搭載しています。


★通話しやすい

 マイクを通話用以外に2か所に搭載しており、外部の音を感知して、人の耳には聞こえない音をかき消す音を自動で出力する ノイズキャンセルを2か所に搭載して、自分の声を相手に届きやすく、相手の声がしっかり自分の耳に届くように設計されている。


★DMM mobileで購入したら幾ら?

  一括購入すると、1万5,980円で、 分割で購入すると、24回払いで月850円で購入することが可能です。上述の機能以外にもCPUはクアッドコアで、 テザリングも8台にテザリングが出来るという事で、費用対効果の高い。コスパが高いSIMフリースマホと言えるでしょう。

スポンサーリンク

DMMmobile(DMMモバイル)

この記事に関連するコラム

ハイエンドSIMフリースマホZenFone 3 Deluxe

 ASUSの ZenFone3Deluxe はMVNOの格安スマホとしておすすめです。  この最新式のスマホを利用すれば毎月の通信量を大幅に引き下げることができるので、料金を気にせずスマホを使うことが...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

DMM.make ROBOTSから「Tapia(タピア)」の発売開始

 最近では、SIMフリーが進んだおかげもあり、色々な端末が各メーカーからリリースされました。先日はシャープからロボット端末「ロボホン」の発表がありましたが、今回のリリースもロボットです。その名も「T...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

「DMM Mobile」4月より価格改定!再び最安値へ

 4月1日からMVNO大手の「DMM Mobile」は再び、 業界最安値 になります。昨年の春までは業界最安値ですが、細かい部分、たとえば、3GBの通話プランであったり、5GBの通信専用SIMプ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

通話料を下げるなら「DMMトーク」がお得?

 格安SIMを提供しているMVNOの中で、安い料金設定と、高速通信の速度の質と言う部分で、高い評価を得ているDMM Mobileから、通話料をお得にするユーザー専用アプリ「DMMトーク」がリリースさ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む