海外サイトでスマホ端末の購入攻略法

 格安SIMを検討する際に、誰でも一度は、考える海外で流通しているスマートフォン、日本に無いオシャレなモデルも多々存在し、金額も日本で流通しているより、安価なケースも多く、最低限のメールやウェブの閲覧程度なら、1万円程度の予算でかなり良い機種が購入できます。ハイエンドモデルでも、5万円程度で購入できるとあって、最近では、日本からの決済も多くなってきているようです。
 とは言え、メリットは理解できても、言語の壁や文化の壁があり、英語圏のサイトで物を買うのは抵抗がある、何か被害に遭うのではないか?といったような、少々、敬遠してしまいがちな部分も確かにあるでしょう。
 ここでは、海外サイトでスマホを購入する際の攻略法を公開していきます。


◆技適マークを確認しましょう

 海外で市販されているSIMフリーの携帯端末を、日本で使用する為には、その携帯端末に、「技適マーク」が付いていなければなりません。もし、 これが付いていないと、違法扱いになってしまうので、かなり注意が必要です。
 特に日本で販売されていない、未発表モデルを購入検討されている場合は、販売店に問い合わせるか、その販売メーカーの日本法人があれば、そちらに確認を取ることを推奨します。


◆技適マークを知っておこう

 技適マークはどんなマークかと言えば、郵便のマークである「〒」と、アルファベットの「e」を組み合わせたようなマークです。携帯端末にプリントされていることもあれば、スマホなどの設定情報の中に表示されていることもあります。購入した端末が手元に届いたら、このマークがあるかどうかを確認しましょう。
 ちなみに、一番分かりやすく、今お手持ちのスマートフォンで、この技適マークがどんなマークかを確認する方法があります。以下の通りです。
★Android端末で、技適マークを見る
【1】設定の画面から「端末情報」をタップ
ホーム画面から、設定のマークをタップして、設定画面を開いて下さい。設定の画面から下にスワイプ(スクロール)させていくと、「端末情報」がありますので、こちらをタップしてください。
【2】「法的情報」の画面を開く
「端末情報」を開きましたら、上から3番目にある「法的情報」をタップしてください。
ちなみに、この「技適マーク」は、スマートフォンの本体の裏蓋などに貼ってあったり、端末に直接プリント、刻印されている事もあります。

★iPhone端末で、技適マークを見る
【1】「設定」を開く
 まずは、設定のアイコンをタップして下さい。
【2】「一般」を開く
 「設定」の画面で上から9番目程度にある「一般」をタップしてください。
【3】「情報」を開く
 「一般」の画面上の一番上にある「情報」をタップしてください。
【4】「法律に基づく情報」
 「情報」の画面の一番下から2番目程度にある「法律に基づく情報」をタップしてください。
【5】「認証」を開く
 「法律に基づく情報」の下から2番目にある「認証」をタップしてください。すると、色々国名やその国の技適マークが出てきます。「japan」の部分の左側に、先ほど、お伝えした、郵便のマーク「〒」と、アルファベットの「e」を足したようなマークが出てくると思いますが、これが、技適マークです。


◆海外通販サイトでSIMフリーのスマホやタブレットを購入してみよう

 海外の通販サイトでスマホなど購入をすると、 輸入手数料が不要で、国内で購入するよりも安く購入ができることはご存知でしょうか?
 しかも、サイトによっては、日本語に対応しているサイトも存在しています。気になる配達時間ですが、DHLなどの航空便を使用しているサイトや、国際郵便にも対応をしているので、 最短であれば、中2日程度で、手元に届きます
 とは言え、この格安SIMの為に、海外の通販サイトで購入するのが初めてという人も少なくないでしょう。普段慣れていない英語で表記しているサイトでの購入は抵抗がある。ハードルが高いと感じている人も少なくないでしょう。まずは、「EXPANSYS」や、「MOUNMANAI」というサイトであれば、 日本語に対応しているので、安心ではないでしょうか?ここでは、対日本での販売で実績豊富な有名なサイトについて紹介していきます。
【SIMフリー端末が購入できる海外の通販サイト】

サイト名 日本語
対応
概要
EXPANSYS イギリスのサイトで、日本語にも対応していおり、 商品の物流の追跡もできる、実績豊富なサイトです。
Handtec   2003年から営業している老舗サイト。Amazon.comを経由できる「 Pay with Amazon」に対応しています。
CLOVE   イギリスのショップサイトで、Google翻訳を使った日本語表示の互換が分かりやすいので、日本でも評判です。
イギリスの端末で日本に無い商品を購入したい場合は、お勧めのサイトです。
MOUMANTAI 日本人が経営しているショップです。 円決済可能で、振り込み決済ができます。
ただし、携帯端末のレパートリーが他のサイトに比べると少な目です。



◆海外通販サイトでの決済

 海外の通販サイトで購入する際には、支払代金の決済はどのようにするのが良いのか?考えたことはありますでしょうか?ほとんどのサイトで、クレジットカードでの決済に対応をしています。「だったら、クレジットカード決済で!」と安易に思ってしまうかも知れませんが、これも色々面倒な事や心配事が発生してしまう可能性があります。
 日本で発行されたクレジットカードを海外サイトで使用すると、スグに決済ができません。一旦保留扱いになります。また、最悪決済が出来ないパターンがあります。また、オーソリーセンターというところから、本人の利用で間違いが無いかを確認する為の電話がかかってくることがあります。この場合、電話に出られるまで、決済が通りません。
 また、海外でクレジットカードを利用するとなると、カード情報が持って行かれるのではないか?悪用などされてしまわれないか?といった不安がよぎる事もあるでしょう。
 そういった問題を解決する方法がります。安心に安全に便利に海外決済するのであれば、決済代行サービスを利用するのも手です。
 決済代行サービスを利用すれば、先方の海外サイトには、クレジットカードの情報などが伝わる事はありません。ちなみに、決済代行で有名なサービスと言えば、「PayPall(ペイパル)」や、「Pay With Amazon」と言った、サービスがあります。
【PayPall(ペイパル)】
 あらかじめ、PayPallにクレジットカードの情報を登録しておき、PayPallがユーザーに変わって、代金を決済します。決済後に、ユーザーが登録したクレジットカードから支払が発生する決済代行です。ちなみに、引き落としで記帳される銀行の通帳には、「PayPall」といった利用明細が残ります。
【Pay With Amazon】
 世界的な物販サイトであるAmazon.comが提供している決済代行サービスです。ちなみにこのAmazonですが、日本のAmazonである「Amazon.co.jp」ではなく、本体の「Amazon.com」での登録が必要になります。

◆PayPallを利用してみよう

 PayPallは決済代行サービスの中では世界ナンバーワンのサービスで、本拠がアメリカにあります。あらかじめクレジットカード情報を登録しておくことで、決済の際に、ショッピングサイトにカード情報が流れる心配も無く、人気のサービスになっています。
 通販サイトで決済する時に、PayPallにログインするだけで、決済が完了します。
★日本語で認証登録してはいけない!
 PayPallを利用する際の唯一の注意事項になりますが、 サービス利用時に「個人設定」ページが出てきますが、そこでは、必ず英語表記(ローマ字)で個人情報を登録してください。初回のPayPall登録時は問題ありません。
 そうしないと、海外の業者が郵送する際に、日本語で記載された配送先しか分からず、それでは、国際郵便ができないので、トラブルの原因になります。ですので、購入時に、PayPallから個人認証を求められたら、住所、名前をローマ字表記で登録することは忘れないようにしましょう。
 PayPallへの登録は簡単です。アメリカのサイトですが、しっかり日本語対応しているので、登録でのストレスはまったくありません。ちなみにビジネスかパーソナルかと登録時に用途を確認してきますが、個人で購入する人の場合は、パーソナルで登録をしてください。


◆Amazon.comで利用したい場合

 世界的大手物販サイトのAmazonが提供している、商品決済代行サービスですが、気を付けておきたい点が2点あるので注意が必要です。
【1】日本のAmazonではない
 日本のAmazonは「Amazon.co.jp」で、Amazonを利用したことがある人は、こちらにユーザー登録をしています。ですが、決済代行サービスは米国で提供されているサービスなので、「Amazon.com」での登録になるので、アメリカのAmazonを使用したことが無い人は、新規登録が必要になります。
【2】すべて英語
 これがもしかすると一番のハードルになるかもしれませんが、Amazon.comはアメリカのサービスですので、登録のフローが全て英語という事です。英語が苦手な人には不向きかも知れません。


◆Amazon.comでの新規登録の解説

【1】「Amazon.com」にアクセス
 日本の「Amazon.co.jp」ではないので、URLの末尾に注意してください。
【2】新規アカウント登録を行う
 サイト右上になる「Your Account」をクリックしてください。すると「Sine in」すぐ下に、「Start here」という文字があるので、こちらをクリックしてください。ここから登録ページに遷移していきます。
【3】名前、パスワード、メールアドレスの登録
 以下登録項目の日本語翻訳です。

My name is 名前をアルファベットを入力 名→空白→苗字
My e-mail address is メールアドレスを入力
Type it again 上述で登録するメールアドレスを再入力
My mobile phone number is 携帯電話の番号を入力
Enter a new password パスワードを入力
Type it again 上述で登録する パスワードを再入力

 全て記入が出来たら、「Create account」をクリックしてユーザー登録が完了します。


【4】決済に使用するクレジットカード情報を登録する
 Amazon.comのヘッダー部分(サイト上段にあるメニュー)から「Your Account」をクリックしましょう。また、その中にある「Your Account」をもう一度クリックしてください。
 すると「Your Account」ページが出てくるので、サイト下段にある「Payment」の中にある「Add a Credit or Debit Card」をクリックしましょうすると、クレジットカードの情報の登録画面に推移しますので、以下の情報を入力して「Next」ボタンをクリックしましょう。

Card number カード番号
Name on card カードに登録されているアルファベットの名前
Expiration date  カードの有効期限を選択



【5】通販サイトで購入した後の商品の郵送先の登録
カード情報を入力後の「Next」ボタンをクリックした後のページです。
以下の情報を入力して「Save this address」をクリックしてください。
※全て英語(アルファベット)での登録になります。

Full name  名前をフルネームで登録 名→空白→苗字
Adress Line1 マンションやアパートにお住まいの方、マンション名と部屋番号を入力
Adress Line2 町村から番地までを入力
City 市区郡などを登録
State / province / Region 都道府県を登録
ZIP 郵便番号を登録
Country 日本在住であれば、Japanを選択しましょう
Phone Number 日中、通じる電話番号を入力しましょう

これで登録完了です。