4人家族で格安SIMのシェアプランに乗り換え

家族でMVNOが提供する格安SIMを利用することで高速通信量を大手キャリア以上に大幅に安くすることができます。
 また、契約をひとまとめにできる、通信量をシェアできるシェアプランを採用することで、契約を1本化できて便利です。





会社ごとの料金を比較する

 大手キャリアは複雑な料金体系でサービス提供していますが、MVNO各社は、基本的には月ごとのパケット通信量によって料金が決まっているので、非常に比較がしやすく、MVNO各社が大手キャリアから通信回線提供を受けてサービス提供しており、各社で大幅にサービスが違うという事もなく、基本的には分かりやすい料金体系と言えます。
 大手キャリアよりも通信料金が圧倒的に安いので、大手キャリアと比較するよりはMVNO同士の比較ニーズが圧倒的に高いですが、まずは、 家族利用や複数端末で通信したい人はシェアプランで比較しましょう。1契約で複数のSIMカードを利用することができます。 1契約で利用できる高速通信量が定められており、この通信量を分け合うプラン設定になっています。
 


スマホの通話料金を安くする

 家族で頻繁に音声通話をすることが多いため、月々の費用をどのようにするか迷ったものです。
 ただ、格安SIMは実店舗を持たずに人件費をかけずに費用を安くすることが特徴となっていますが、音声通話を頻繁にすると通話料は安くならないため恩恵を受けられないために、通話し放題プランを提供しているMVNOを比較しまいた。
 MNPの方法は各社、同じなので、3000円の手数料を掛けてキャリアショップで行うか、手数料がかからないオンラインで手続きするかで、MNP予約番号をもって、MVNOと契約すれば、電話番号をそのままに利用することができます。
 音声通話SIMはドコモやAUで利用している通常の携帯同様、070、080、090で始まる番号で利用でき、通常よりも費用が安くなるためビジネスなどをするために頻繁に使う場合にも役立って良かったです。
 4人でシェアするプランはお互いに高速通信量を共有できるために安くなり、お互いは無料で通話ができ、非常に使えるサービスと存じました。
 また、格安SIMのスマホはSIMフリースマートフォンと言われるもので、最新の人気のハイスペックスマホから安価な廉価版モデルまで、ニーズに応じて数多くの端末がありあMす。


仕組みを把握して最適な方法を探す

 格安SIMはインターネットを頻繁に使う際に高速通信料金を安くする方法として役立ちますが、契約するMVNOによっては1日や3日間での通信制限が設けられている等、通信速度が遅くなってしまう場合がある取ったようなデメリットもあるということを覚えておきましょう。
 家族で最適なプランを選ぶ時は4人いるために話し合いましたが、大手キャリアと比較してプラン内容が、高速通信量に依存するだけなので比較がしやすいです。手続きもオンラインでMNPなど電話番号をそのままに、変更ができるので、手軽さも魅力の一つで、新規参入の多さの原因と言えるかもしれません。
 家族利用でシェアプランを利用するケース、複数端末での利用などシェアプランの用途は数多くあると思いますが、音声通話を意識するのであれば、通話し放題プランの有無や、家族間利用は音声通話を利用できるのか?余った通信量を翌月に繰り越すことが可能なのか、もちろん、他社と契約したい同通信量の料金と比較をすることも忘れないようにしましょう。この程度の比較項目でもだいぶ、お得に利用することができます。


契約をひとまとめにする

 家族で利用する際、家族の人数分、それぞれキャリアと契約していますよね。中には、ひとまとめで契約しているケースがあると思いますが、シェアプランを利用する事で、毎月の高速通信量の上限が決まっているので、余計な費用が出てくることはありません。また、母親や祖母、祖父など普段自宅にいる人も何人かいるという事であれば、家にいるときは自宅のWi-Fiを利用すれば、通信量は無料で済み、外出が多いサラリーマンの自分や、大学生の息子などは、通信量をその分多く利用できるという需要と供給のバランスが良いのもこのプランのメリットと言えるかもしれません。
 そもそも、大手キャリアよりも高速通信料金がかなり安くなっているので、料金面だけでも大きなメリットがあります。