ドコモの新料金プラン「docomo with」はお得?

docomo with 」は他の格安スマホよりも通信費用や機種の価格が安く、家族でシェアをする際にシンプルプランを使うと料金を大幅に節約できます。
 契約をする時はオンラインショップを使うとお得になり、とにかく安くしたい時におすすめです。




料金の特徴を比較する

 ドコモの携帯電話を使ってましたが、通信費用が高いために安くする方法を探していると「docomo with」という料金プランの案内がありました。
  内容はarrowsとGalaxyなどの対象の端末を購入し、 月々の料金が1500円お得 になる料金プランです。

 最近では格安SIMの方が利用者の増え方は多く大手キャリアを選択する人が減っており、テレビですmineoや楽天モバイルなどの広告も増え、最初は怪しいイメージでしたが、音声通話はあまり利用しないことが多いため、認知も増えた結果、安心感も高まり、格安SIMにしていました。

 ところが、格安SIMの場合、確かに高速通信料金は大手キャリアと比較すると圧倒的に安いという特性がありますが、時間帯や場所にょってなのか、どうしても、高速通信が遅くなってしまうことがあり、スマホで動画などを楽しんで通勤している自分としては、どうしても、つっかえる映像がストレスでした。安くなっても安定的な高速通信が得られない事から、大手キャリアに戻るか迷っているときに、「docomo with」の話があったので、料金が安くなるので、ドコモに戻ることにしました。格安SIMから、 MNP を利用してドコモに契約を移行しました。


格安SIMとドコモを料金で比較

 格安SIMの特徴は高速通信料金の安さです。ドコモも「docomo with」で月々1500円お得になるとはいっても、利用する高速通信量が多ければ多い程、格安SIMの方が費用的なメリットを享受しやすく、ドコモにはメリットがありません。単純にauやソフトバンクと比較した場合に、料金的なメリットはあるかも知れませんが、格安SIMとひかくしてしまうと、メリットを感じるのはかなり難しいと言わざるを得ません。
 また、この 「docomo with」は一括購入ではなく、分割購入プランになるので、もし、携帯端末を一括購入したいと考えている人にはメリットがありません。
 

家族で利用して通信費用を安くする

 docomo withはシンプルプランを併用して家族で契約をすると本人以外の月々の料金が280円になるため、親や兄弟で話し合って利用することを決めました。端末は分割払いにすると安くなるためお得になり、他社の格安SIMを使うよりも割安になるため知って良かったです。
 マイネオやみおふぉんは友人も使っていますが新料金プランと比べると通話料は高く、通信速度が遅くなるなどのトラブルが多いことを聞かされていたためwithを選びました。とは言え、格安SIMの高速通信の安定さですが、徐々に改善してきているので、私のように偏屈なくらいに、完璧に近い安定的な高速通信を必要としていないのであれば、
また、音声通話の利用が少ない人であれば、格安SIMの方がメリットを感じやすいかと思います。

 格安SIMでは家族利用と言う点では、mineoなどはシェアプランの用意があり、高速通信量のシェア利用を目的とするのであれば、一度、mineoのプランとどちらが良いか確認された方が良いかもしれません。


デメリットや注意点

 docomo withは機種の価格が他社よりも安いために便利ですが、メリットだけでなくデメリットもあるかどうか調べてみました。
  デメリットは機種が限定されることや他の端末よりスペックが落ちること、プラン変更では加入不可なことでした。つまりは新規ユーザー獲得用のキャンペーンで、既存のドコモユーザーにはメリット感じにくいサービス設計と言えます。

 ドコモオンラインショップを勧められたために実際に使ってみるとすぐに買えて良かったです。
 ドコモショップで購入する時は頭金や事務手数料などがかかるために初期費用が高く、安くなる方法を知ったために友人にも話すと驚いていました。ちなみに、ドコモに限らず、大手キャリアでは、オンラインで済ませれれる手続きは基本的にオンラインで行った方がお得です。MNP等の手続きも、店舗で行うと手数料が取られてしまいますが、オンラインで行えば無料です。何といっても、ドコモショップやキャリアショップの混雑時の待ち時間は殺人的です。オンラインで済ませられる手続きはオンラインで行ってみましょう。ガイダンスもしっかりしているので、意外と、慣れていない人でも簡単に行えます。