モトローラから新登場「Moto G4 Plus」ってどうなの?



スポンサーリンク

7月13日のモトローラ・モビリティ・ジャパンからのリリースでSIMフリーの新スマートフォン「Moto G4 Plus」がリリースされました。16GBのモデルが3万2800円(税別)、32GBのモデルが3万5800円という価格でリリースした。「Moto G4 Plus」ってどうなのか?見ていきたい。


モトローラの新スマホ「Moto G4 Plus」ってどうなの?
時間関係なく鮮明な写真撮影ができる
CPUやストレージも納得のスペック
用途はユーザー次第のデュアルSIM
指紋認証でロック解除
防水、防滴
大容量バッテリーに急速充電


★時間関係なく鮮明な写真撮影ができる

 5.5インチの液晶ディスプレイを搭載した「Moto G4 Plus」は、3万円台のスマホとしては、かなり優秀な機能やスペックを持ち合わせている。その中でも、分かりやすい部分でいうと、まずは、カメラ機能だ。
 カメラの画素数自体は普通一般的なスペックで、1,600万画素のメインカメラと、インカメラが500万画素といったノーマルスペックだが、 2種類のフォーカス技術で、昼間も夜も時間を問わず、鮮明な写真撮影することが可能になっている。


★CPUやストレージも納得のスペック

 いかなる同時処理もサクサク行えて、大量にデータを保存することができるかどうかという点だが、CPUは Qualcomm Snapdragon 617で、1.5GHz オクタコアを搭載しており、8つのコアを持っており、操作された順番に処理して大量の処理渋滞を起こすことなく、同時に処理できるように、8つのコアに最適化して処理を振り分けることができ、処理速度が結果として向上するだけでなく、処理渋滞に伴う電力消費を抑えることも可能になる。
 最近では、オクタコアをすべて利用するような処理がスマホで行われることもないといった傾向もあり、最新のスマホでは、6つのコアを搭載したヘキサコアモデルも出てきている現状もあるが、オクタコアを搭載しているのは、ゲームや動画などを同時に楽しむようなヘビーユーザーには安心のスペックと言える。 ストレージはmicroSDカードを利用すれば128GBになる。


★用途はユーザー次第のデュアルSIM

 色々活用方法があるが、2つのSIMカードを挿入して利用することが可能だ。海外での仕事が多い人であれば、日本国内は日本のMVNOからリリースされているSIMカードを挿入し、海外では、現地のSIMカードを利用するといった使い分けもできるし、講師を分けるという人であれば、仕事中は会社から支給されたSIMカードを利用し、OFFの時は、個人で契約したSIMカードを利用するという方法もあるだろう。
 中には、MVNO各社のSIMプランに熟知されている人であれあば、高速データ通信と、音声通話をそれぞれ別のSIMカードに設定するといった事も可能だ。


★指紋認証でロック解除

 スマホの操作で面倒なのが、ロック解除という人も少なくないはずです。毎回パスワードを入力したり、ディスプレイを指定した文字などを指でなぞるような動作など、瞬間的にカメラなど、利用したい時にはロック解除自体が、不都合極まりない。
 そこで、指紋認証を利用することで、あたり前だが、瞬間的にロック解除することが可能になる。


★防水、防滴

 ガラケーではあたり前ではあったが、生活防水や、防滴機能が搭載されており、浸水はさすがにNGだが、雨の中での利用で合ったり、コーヒーをこぼしてしまったというような、ありがちなトラブル風景も「Moto G4 Plus」であれば、問題なく利用ができる。


★大容量バッテリーに急速充電

 普段のスマホ利用はバッテリーを意識しながら、電池残量を気にしながらスマホを利用しているという人には、かなりの朗報と言える。
 バッテリーは、 3000mAhといった大容量バッテリーを搭載している。また、大容量バッテリーというと聞こえは良いが、充電にかなり時間を割いてしまうのであれば、ちょっとした難点にもなりえるが、 15分の充電で、最大6時間程度の利用ができるという急速充電機能があるという点も押さえておきたい。

スポンサーリンク