ケーブルテレビ徳島がMVNO開始!「テレビトクシマ・スマホ(トクスマ)」


スポンサーリンク

 先日、四国電力から格安SIMのMVNOサービス「Fiimo(フィーモ)」がリリースされたばかりですが、その四国電力の子会社の「ケーブルテレビ徳島」からも、MVNOサービスがリリースされました。どういったサービスやプラン内容があるのか、ご紹介していきます。


【「テレビトクシマ・スマホ(トクスマ)」の特長】
ドコモ回線もau回線からも乗換選択可能
プラン、料金内容
パケット繰越
パケットシェア
チャージ可能


◆ドコモ回線もau回線からも乗換選択可能

 現在、どこの格安SIMを提供しているMVNOでも大多数がドコモの高速回線網での提供が多く、一部、au回線といった市場ですが、トクスマでは、ドコモの回線でも、auの回線でも好きな方を選択できるといった特徴があります。
 いずれも、高速通信のネットワークです。ドコモであれば、クロッシイやFOMAの回線で、auも3G,4G,LTE回線などがそれにあたる。
 回線を選べるメリットは新規ユーザーがどちらも使える。選べると言うメリットと言うよりは、既存のキャリアユーザーからの機種変更が簡単という事だ。
 ドコモ回線を利用していたドコモユーザー、au回線を利用していたauユーザーが、持っている端末をそのまま利用しやすいと言う点です。
 ちなみにMNP(電話番号ナンバーポータビリティ)にも、トクスマは対応しているので、もし、希望される場合は、既存のキャリアショップで、MNPを利用する旨を告げて、MNP予約番号を貰って、トクスマに契約の際にその番号を伝えるだけで利用可能です。スマホなどをそのまま利用したい場合は、既存のキャリアショップでSIMロックフリーの手続きもしてもらう必要があるので、ご注意ください。


◆プラン、料金内容

 トクスマでは、SIMカードは3種類、標準SIM、nano SIM、micro SIMのいずれも利用すること可能です。プランは、データ通信専用のタイプと、データ通信とSMS(ショートメッセージ)、音声通話+データ通信の3種類のプランが用意されている。
 LINEを利用する人はSMS認証があるので、通話をしない人の場合は、データ通信とSMSのプランを契約する必要があります。ちなみに、音声通話+データ通信のプランはSMSが利用できます。
【トクスマの料金プラン】
※ドコモ回線のDプランもau回線のAプランもどちらも同じ料金体系です。

月間の高速通信料 3GB 5GB 10GB
データ通信専用SIM 900円/月 1,050円/月 1,600円/月
データ通信専用SIM(SMS付き) 1,600円/月 1,750円/月 2,300円/月
データ通信+音声通話 2,650円/月 2,800円/月 3,350円/月

音声通話対応SIMだけの話ですが、通話料は、20円/30秒と一般のスマートフォンの通話料金体系と同じです。


◆パケット繰越

 契約したプランによっては、高速通信量を使い切れなかった場合などもあるかと思いますが、そういった勿体ないと言った状況にも対応します。これが「パケット繰越」といったサービスになるのですが、例えば、月間5GBのプランを契約していたとします。ある月の使用量が4GBしかなかったとすると、1GB余りますよね?
 その余った1GBが翌月に繰り越され、元々の契約内容である5GBに繰り越された1GBが加算されて、翌月の利用可能な高速通信量が6GBになるというものです。
 毎月利用する高速通信量が不安定な人には向いているサービスですね。


◆パケットシェア

 1契約で複数のデバイスで通信を利用したいと言ったケースに対応しています。例えば、複数のデバイスという事で、スマートフォンとタブレットと、ノートパソコンやゲーム機で利用したいと言った場合です。
 また、それ以外にも、お父さん、お母さんや子供たちなど、家族でスマホを利用したい場合など複数端末の通信を1契約で済ませたいと言った場合に役立ちます。


◆チャージ可能

 月途中で契約している高速通信量を使い切ってしまったといったケースも往々にある事でしょう。そういった場合に、追加料金を支払う事で、当月の高速通信量を追加できるというものです。

スポンサーリンク