FREETELから近日発売Android端末「SAMURAI MIYABI」の実力



スポンサーリンク

 格安SIMで、最近、急成長中のMVNO「FREETEL(フリーテル)」の新しいAndroid専用、SIMフリー端末「SAMURAI MIYABI」は、ハイエンドモデルとして、近日中にリリースされる予定です。価格が19,800円を予定しており、最新のハイエンドモデルが7万円~10万円といった相場に対して、非常に安い価格で注目を得ていますが、そんなFREETELの最新スマホの実力を、現在、発表されている内容を元に分析していきます。


◆そもそも、FREETELって有名?

 格安SIMというと、ドコモやauなどの大手キャリアの通信回線を利用して、高速通信ができる仕組みを安価にユーザーに提供できるという事で、注目を集めていますが、これから、格安SIMを検討したいと言った人には、かなり、慎重になりますよね?
 ドコモや、au、ソフトバンクなどの大手のイメージではなく、有名かどうかというのも、購入者にとっては、安心感につながります。その為、今回、紹介させていただいているFREETELといった会社に関しては、ほとんど聞いたことが無いと言った人も少なくないでしょう。
 ところが、このFREETELですが、家電量販店のヨドバシカメラでは、かなり有名なサービスになってきており、ここ最近のヨドバシカメラの格安SIMの売り場での売上のシェアがナンバーワンになり、急成長をし続けているMVNOです。


◆独自の端末で人気なFREETEL

 最近では、ココで説明させていただいている「SAMURAI MIYABI」のような独自のプランを次々リリースする予定ですが、そもそも、ココがリリースしているスマホ端末は独自性があり、それも、人気の一つです。
 大部分のMVNOが、他社携帯メーカーがリリースしている有名なスマホを、代理店として販売しているケース、セットプランに組み込んで販売している例が非常に多いのですが、FREETELは独自スマホが多く、プランが安いと言った安易な理由以外にも理由はあるという事です。例えば、先日、発売して間もなく即日完売した「SIMPLE」というスマートフォンがありましたが、正直、スマホとしての機能が優れているという事はありません。むしろ劣っており、スマホというよりは、ガラケーでしたが、その為、機能は一般のスマートフォンには劣りますが、余計なものの一切を排除した、その携帯電話のデザインが支持を得て、最近、iPhone以来、聞くことのなかった、完売という文字が出されるまでに至りました。


◆「SAMURAI MIYABI」のポイント

 デザインに関しては、FREETELの公式ページを見れば一目瞭然の、オシャレな薄型5インチディスプレイになっており、見る人の目線、角度に関係なく、どこから見ても同様に見えるIPSディスプレイを採用しており、端末の色は、ホワイト、ブラック、シャンパンゴールドの3種類を用意。
 また、OSはAndroid5.1を搭載しています。その処理速度はクアッドコアCPUを装備しており、同時に複数の処理をこなすことに向いています。つまり、バックグラウンド処理でダウンロードやインストールを行いながら、動画を見たり、ゲームをすると言った同時に何かをしたい人向けのスペックという事です。
 また、最近のスマホ選びの条件になりつつあるカメラの機能に関しても及第点と言え、1300万画素で、自撮りで500万画素という、ハイスペック携帯にふさわしい画素数が用意されています。


◆繋がりやすい

 「SAMURAI MIYABI」は、非常に繋がりやすいスマートフォンと言えます。スマートフォンのスペックと、MVNOの特長の2点で、考慮します。まず、スマートフォンの持つバンド数ですが、NTTドコモの回線が19回線、ソフトバンクが8回線と回線数が非常に多く、非常に繋がりやすい状態になっています。

 2つ目の繋がりやすさの理由としては、MVNOの能力の問題で、FREETELは、ヨドバシカメラでシェアナンバーワンを取ってしまった事で、FREETELの持っている回線の大きさを超えてしまう可能性があり、この回線の大きさにどれだけ余裕があるかが、繋がりやすさになるのですが、ヨドバシカメラでの売上を考慮に、先日、毎月、回線を強化していく事を明言しており、短期間でどんどん回線を強化しているMVNOはこのFREETELだけということです。

スポンサーリンク