「Pokemon GO」のパケット通信料無料SIM、FREETELから



スポンサーリンク

大フィーバーを迎えている任天堂からリリースされた超人気アプリ「Pokemon GO」の人気に合せて、格安SIMでヨドバシカメラなどの家電量販店で売上シェア1位のFREETEL(フリーテル)から、「Pokemon GO」のパケット高速通信を無料にするサービスを8月中旬にリリースするという発表があった。


FREETEL(フリーテル)のポケモン対応
リリース内容詳細
「Pokemon GO」動作確認推奨スマホがある?
でも、もっと改善してほしい点もある


★リリース内容詳細

 今回のFREETELのリリース内容は、新規顧客集めにはかなり効果があるプランと言える。大人気アプリ「Pokemon GO」を利用する際に発生する高速通信量が無料になるという内容だ。
 すでにアプリを利用したことがある人であれば、お分かりいただけると思うが、このアプリは、常にGPSと連動して、町中を歩きながら、モンスターやアイテムを手にするという内容なので、かなりの高速通信量を必要とします。
 そう考えると、従来のMVNO各社からリリースされている格安SIMのプランの大多数が、このアプリには不向きと言えます。これは、大手キャリアのプランにも言えます。大多数が、「月の高速通信量5GBで月の利用料が○○円」といったように、月の高速通信量に上限が定められている定量制を採用しているので、高速通信使い放題のプランで契約をしている人以外は、なかなか、厳しいと言わざるを得ない。
 その点、今回のFREETELからのリリース内容は、「Pokemon GO」に要する高速通信量が無料になるというのは、かなりのメリットと言える。つまり、使い放題で楽しめるという事になる。
 「Pokemon GO」をヘビーユースしたい人には、かなりオススメのプランと言えるだろう。


★「Pokemon GO」動作確認推奨スマホがある?

 今回のリリースで気になったのが、FREETELから発表されている最新のSIMフリースマホ「麗(REI)」(FTJ161B-REI)に関するリリースもあった。
 なんと、不思議なことに、「Pokemon GO」の動作確認ができているという発表だ。あたり前だが、Androidスマホでも、iPhoneでも、アプリをインストールしていれば、問題なく、利用できるじゃないか?といった疑問がありますよね?筆者もそう思った。実際、持っているスマホでフツーに利用できている。
 ただし、よく読んでみると、このリリース内容がよく分かった。「Pokemon GO」を利用していると、行きたい方向に回転しなかったり、違い方向に動いてしまったりなど、スマホの「Pokemon GO」の画面に写る自分と、実際の自分の動きにギャップがありますよね。これは、GPSの精度の問題や電波状況の問題により発生するが、そういったケースはスマホユーザーにとっては、普通の出来事なので、あまり気にならないというのが通常ですが、このFREETELのスマホ「麗」はジャイロセンサーを搭載しており、つまり、自分の動作、や動き、回転などのスマホの反応精度が高いというものだ。つまり、向いている方向などにしっかり反応するという事だ。外で、GPSをフル活用する際には、このジャイロセンサーは大きく役立ちます。正直そこまで、スマホにこだわって「Pokemon GO」を利用する人は少ないかもしれませんが、こだわりがある人には、確かに推奨端末と言えるかもしれません。


★でも、もっと改善してほしい点もある

 FREETELのポケモン利用時の高速通信量が無料になることは、ユーザーにとっては歓迎するリリースですし、最新スマホの「麗」がジャイロセンサーでユーザーの動きに感度良く反応してくれることも歓迎する内容ですが、できれば、バッテリーの方も改善してほしいですね。
 「Pokemon GO」の特長としては、ネットにリアルタイムで接続しており、GPSもかなり利用しており、それでゲームという事で、かなりのバッテリー消費、負荷がスマホにかかります。この対応スマホ「麗」でいうと、バッテリーが2,800mAhと大容量ではあるのですが、このゲームのバッテリー消費具合はとんでもなく、デイリーユースでも朝フル充電して、終日ゲームをしたい人には、全く足りません。
 できれば、バッテリーのスペックを向上させるのではなく、交換ができるスマホだと現実的かもしれません。スペックで解決するとすれば、4,000mAh程度は最低限欲しいのですが、それでも足りるという保証がありません。交換できる方が現実的かも知れません。

スポンサーリンク