AQUOS ZETA (アクオスゼータ)SH-01Hは通信速度や使い勝手も優秀(エモパーって何?)



スポンサーリンク

ドコモの夏モデルとして登場したスマホの中で、異彩を放っているのが、「AQUOS ZETA SH-01H(アクオスゼータ)」です。液晶のアクオスと言われているので、液晶部分の映像美が取り沙汰されていますが、ここでは、液晶ではなく、他の端末と異なる通信速度に関する話と、会話ができるエモパーなどに注目した部分にフォーカスさせていただきます。
 ちなみに、気になる液晶もかなりの進化を遂げているので、 「AQUOS ZETA SH-01H」の液晶の凄さに関してはコチラ に記載させていただきました。気になる人はコチラをチェックください。


AQUOS ZETA (アクオスゼータ)SH-01Hのチェックポイント
混雑地域に集中して高速通信が繋がりやすくなる?
ロボホンの技術?会話しながら成長するエモパーってなに?
カメラが凄い!


★混雑地域に集中して高速通信が繋がりやすくなる?

 ドコモから先日発表になった高速通信の話をご存知でしょうか?その件ですが、現在、対応している端末は、このアクオスゼータだけなのです。では、どういったお話かと言うと、高速通信回線は人ごみでは、鈍くなる、不安定になる事は周知かと思います。例えば、山手線沿線の主要駅であったり、その地域のラッシュアワー時間帯などは、アクセスが集中して、高速通信の体感速度が飛躍的に遅くなります。これは、従来の電波が高所から広範囲をカバーする仕組みで提供される為で、それを改善すべく、空いている電波域を利用して、これは、高所からのカバーではなく、ポイントから周囲をカバーする仕組みになっており、そのポイントの場所を、ラッシュアワーなどで交通だけでなく、インターネットも渋滞状況の場所に提供する予定で、まずは、山手線の主要駅で提供される予定になっているが、この空いている電波域は3.5GHz帯で 最大下り速度が375Mbpsになります。今回の対応域に対応しているスマホが現在、唯一、このスマホなんです。今後の新作スマホにいずれ、対応しているスマホが出てくるとは思われますが、山手線沿線で、混雑時の通信ストレスを感じている人には、朗報です。


★ロボホンの技術?会話しながら成長するエモパーってなに?

 そもそも、ロボホンをご存知でしょうか?シャープから提供されている携帯端末で、ロボットのような人型の携帯端末で、スマホとしての通信機能を有しつつ、顔認証で会話をおこなったり、感情を表現したり、踊ったりする端末で、おそらくはその機能を利用して提供されているのが、今回の「AQUOS ZETA」に搭載されているエモパーです。
 エモパーは、バージョンはエモパー2.0で、会話やスマホの操作の経験値を元に、話しかけてきたり、コミニュケーションを取ることが出来る機能です。声と表示で、ユーザーにアプローチをしてくれます。天気情報やニュースといった項目から、映画情報、テレビ番組のお勧めを声で表現したり、駅の乗降エリアや近くのコンビニやカフェ情報を表記で知らせてくれます。
 また、操作によっては、落としたりすれば、「痛い」という感情を持ち、そういった経験値から感情のパラメータを閲覧することもでき、また、バージョンアップは今後も繰り返していくので、良い友達であったり、ペットのような存在であったりといった点を狙っているモノと思われます。
 Windowsのコルタナであったり、iPhoneでいうSiriを超える存在になるのか?気になるところです。


★カメラが凄い!

 カメラの機能に関しては、すでにハイエンド的な機能やスペックは網羅しているモノと思っていましたが、更に進化を遂げています。
1、世界最高のスーパースロー映像
 1秒で210枚の撮影ができ、スパースローであれば、世界最高の1秒で2100枚の撮影が出来、動画であれば、70分の1の速度のスロー映像の撮影が可能です。

2、プロ顔負けの機能やスペック
 映画などで、季節の移り変わりや、一日の動きをハイスピードで捉えているような映像があると思いますが、そういったタイムプラス撮影ができたり、4Kのスペックで撮影ができるようになりました

3、GR certified
 高品質画像処理ができ、細かい部分の色合いや明暗をしっかりと捉える技術があり、明暗定かでない部分をしっかりと表現してくれます。夜景などの撮影などで効果を発揮します。

4、光学式手ブレ補正
 手ブレ補正機能の付いたスマホはひろく流通していますが、手ブレ補正が苦手な夜景や暗い場所での撮影に関しても、問題なく手ブレ補正が可能です。

5、夜景も逆光もキレイ
 夜景で人と一緒に撮影すると、どちらかにスポットが当たって、どちらかの画の質が悪くなりますが、人も風景もしっかりとはっきりとした表現ができます。また、これは、逆光でもいっしょで、光にスポットをあてるか、人にスポットが当たりますが、自動加工処理で、分かりやすく言えば、どちらかにスポット当てた写真をそれぞれ撮影して、合成することで、両方をしっかりときれいな映像にカスタマイズしてくれ1枚の写真にしてくれます。

6、360℃写真
 パノラマ写真ではなく、上下左右の360度の全天球撮影が可能です。

7、ボカシを入れられる
 一眼レフのカメラで撮影して様に、被写体と背景でどちらかにボカシを入れると言った事が撮影後に加工することが可能です。

スポンサーリンク