Y!mobile(ワイモバイル)

ハイエンドモデル「LUMIERE」がY!mobileで実質0円で購入可能



スポンサーリンク

 そもそも、「 Y!mobile(ワイモバイル) 」というサービス名が分かりにくく、ソフトバンクと資本の問題で被ってしまい、格安SIMではなく、ソフトバンクのキャリア携帯の話かと思ってしまい、混ぜこぜになってしまいがちですが、「Y!mobile(ワイモバイル)」は格安SIM、格安スマホのMVNOサービスです。
 で、その「Y!mobile(ワイモバイル)」から、新たにリリースされるスマホセットプランに、登場したのが、HUAWEI製のハイエンドモデルスマートフォンの「LUMIERE」です。
 ここでは、この「LUMIERE」の特長と、実質0円で購入出来てしまう件について、説明していきます。


◆ガンガン動く、操作にストレスを感じない

 薄さやゴールド、ブラック、ホワイトのカラーなど、デザインの美しさや、手で持った時の質感など、よく取り上げられるスマートフォンですが、見て触れて分かる内容は、実際にワイモバイルの店舗に行けば分かる事なので、ここでは、スペックにフォーカスして話を進めていきます。
 このスマホは、CPUが非常に賢くできていて、処理速度が速いのは当たり前なのですが、頭脳が8つあるオクタコアです。一般的なハイスペックスマホは、クアッドコアで、4つの頭脳を持っているとか、2つの頭脳を持つデュアルコアが一般的ですが、8つの頭脳を持つオクタコアになっているので、ゲームや映画などの動画を見ながら、同時にアプリなどのインストールなども、ストレスを感じることなく、楽しむことが出来ます。
 同時処理すると、画面が重くなったり、操作にスマホが付いてこれなくて、重くなったり、ゲームであれば、非常に動きがスローになると言った問題、最悪、固まって、落ちるといった事が起こりがちですが、そういったストレスとなる事が、「LUMIERE」のオクタコアには、無縁の出来事になるといえるでしょう。正直、スマートフォンにそこまでの機能が必要なのかといった別の疑問もありますが…。


◆きれいに写真が撮れる

 よく画素数が1000万画素以上あるとか、フラッシュがLEDです。といったスペックを持ったハイスペックスマートフォンは多々ありますが、「LUMIERE」では、そこら辺の機能は当たり前で、メインのアウトカメラが1300万画素あり、自撮り用のフロントカメラは、500万画素もあります。また、パノラマ機能と言う形で、アウトカメラを使って、広い範囲の写真を1枚に収める事は当たり前の世の中ですが、このスマートフォンは、自撮りでも、パノラマ機能を使う事ができ、「パノラマセルフィ」機能を使うと、自分を中心に広大な風景を1枚の写真に収めたいと言った要望にも応えてくれます。もちろん自分で撮った写真の修整も10パターン持っています。夜景など、光の明暗が定かでは無ない被写体も、「ナイトモード」でしっかり写真に収めることが可能です。
 最後に特筆すべきは、「パーフェクトセルフィ」機能です。事前に自分の顔をスマートフォンに登録しておくことで、集団で写真を撮った時も、自分の顔を自動で確認して、美しく補正してくれる自動機能が付いています。色々似た機能があるスマートフォンの中でも、この「LUMIERE」だけの特筆すべき機能と言えるでしょう。


◆実質0円で「LUMIERE」をゲットしよう

 このHUAWEI製のハイスペックスマホですが、そもそも10万円とかするするような高い携帯なのでは?と思われるかもしれませんが、販売価格は36,000円(税別)という、手軽な料金のSIMロックフリースマートフォンです。
 そんな「LUMIERE」を実質無料で購入できる方法があります。実質無料という言い方自体は筆者はあまり好きではないのですが、実際確かに無料になるので、オトクさを感じたい人の為に紹介しますと、答えは簡単です。この携帯をワイモバイルのオンラインストアで一括購入するだけです。え?購入しているよね?って思われるかもしれませんが、毎月の通信料金から本体代を割引して、結果として最終的には、「LUMIERE」を購入した36,000円の代金分の割引を受けられるという仕組みです。
 スマホの機能やデザインと、この割引内容を差し引いて、気になる方は、是非、チェックしておきましょう。スペックやデザインは確かにハイエンドモデルと言えると思います。

スポンサーリンク

Y!mobile(ワイモバイル)

この記事に関連するコラム

Y!mobileの通話無料の回数制限無しのかけ放題

このようにワイモバイルは、現在「ワンキュッパ割」で月額1980円から利用できます。さらにデータ容量が倍増されるサービス中で、しかも月300回まで10分以内の通話無料サービスが標準で付いている驚きの通信...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

ワイモバイルから「Android One スマートフォン 507SH」登場

ワイモバイルは米グーグルのミドルクラスのスマートフォン「アンドロイド・ワン」をソフトバンクの格安SIMブランド「ワイモバイル」からリリースが発表された。通信や通話料金は月1980円(税別)からとなりま...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

[ワイモバイル(Y!mobile)]から「ワンキュッパ割り」で月々1980円~

ソフトバンクが提供している格安SIMサービス(MVNO) 「ワイモバイル(Y!mobile)]は、6月1日からリリースしている「ワンキュッパ割り」が功を奏して新たなユーザー獲得が促進されている。  そ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

Y!mobile(ワイモバイル)からシャープ製「AQUOS CRYSTAL Y2 403SH」登場

 ソフトバンクが提供する格安SIMサービス(MVNO)から、最新のアクオスフォンがリリースされていました。アクオスフォンというとハイスペックスマホというイメージですが、今回のリリースは、ミドルスペッ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

Y!mobile(ワイモバイル)から「AQUOS Xx-Y 404SH」登場

 ソフトバンクが運営する格安スマホサービス、MVNOから、シャープの人気スマホ端末のsimロックフリー対応端末「AQUOS Xx-Y 404SH」が登場しました。圧倒的な映像美は当たり前。驚きのスペ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む