スマモバの10分以内の通話定額とは?

 スマモバは 10分以内の通話定額プランとして「 スマート通話定額プレミアム 」があり、通話料金を節約するために決めると便利です。
 また、高速通信は一般的な月1GB、5GBのプランから使い放題プラン、25GBのプラン、ナイトプランなど、使う人の用途に合わせて、レパートリーがあるのが特徴です。



スマモバの特徴を確かめる

 スマモバは 10分以内の通話定額プランを設定して 月額850円支払えば 10分以内の通話し放題にできる ことが魅力です。高速通信回線は ドコモの回線を利用しているので、日本全国のカバー率で考えると安心の広範囲と言えます。
 また、月1GB、5GBのプランがありますが、自宅にWi-Fi環境がある人であれば、大体5GBのプランで普段使いに対しては問題なく利用できるでしょう。また、MNPに対応しているので、電話番号をそのままに利用することができます。元々利用しているキャリアショップまたは、キャリアの公式サイトからMNPの申請を行い、キャリアから発行されるMNP予約番号を、スマモバで申し込む際に入力すれば、電話番号をそのままに、お使いの携帯をそのままでスマモバを利用することができます。
 もちろん、スマホのセットプランもあるので、新しく、この機会にスマホを新しくすることができます。セットプランにあるスマホの種類が豊富というのも特徴と言えます。
高速通信量 月額
1GB 1,580円
5GB 2,480円

 上記の月額に850円のスマート通話定額プレミアムのオプションを付けるだけです。大手キャリアよりも安価な料金体系と言えるでしょう。


通話料金を安くする

 繰り返しの説明になりますが、通話にかかる費用を安くする方法は スマート通話定額プレミアム」に加入すると月額850円で無制限に利用 でき、ビジネスなどで手短にする時には役立ちます。電話は頻繁に発信すると高くなるためこのプランを勧められ、専用のアプ「 0035でんわ」をダウンロードして使います。通話し放題プランはまだ、MVNO各社からはそれほどリリースされておらず、一般的には30秒20円という大手キャリアの料金とかわらず、LINEなどを使わず、普通に音声通話を利用する人にはオススメのオプションプランと言えます。
 また、 10分も電話をしないという人には、 1分以内の通話1日50回まで利用できる「 スマート通話定額60というプランの用意もあります。
 いずれのプランも上限を超えた分の通話料は一般の通話料と同じく、超過分に関して30秒に月20円が発生します。



最適なプランを選ぶ

 スマモバは、通話目的の人向けのサービスと思われがちです。確かに1GBや5GBの定額プランは正直、他の格安SIMサービスを提供しているMVNOと比較するとそれほど、安いとは言えません。ただし、 長時間の高速通信を利用する人には、かなりお得なサービスと思えるでしょう。
 ポケモンGOのように、常に通信状態を保つ必要なゲームにハマっている人、通勤通学で動画などのストリーミングサービスを利用している人、Appleミュージックのように、ネット上の音楽をクラウドのように、好きな時に好きな曲を楽しむ人、自宅にWi-Fi環境が無い人には、オススメの料金プランが用意されています。
  高速通信使い放題の「 LTE使い放題プラン」は 月額3,480円 で、高速通信を使い放題利用することができます。また、1日の通信料の上限制限のないプランでは、同じ 月額3,480円で「 スマートリッチ25」と言うプランを利用すれば、25GBを上限に 1日の上限なく、高速通信 を利用することができます。


スマモバまとめ

 上述の使い放題プラン以外にも 昼間に高速通信をする人夜に集中して高速通信する人向けのプランなども用意しており、いずれにしても、 高速通信量をかなり利用する人、インターネットヘビーユーザー向けの格安SIMがスマモバ と言えるでしょう。また、その上で、 加えて、通話し放題プランを利用したい人に向いているMVNO と言えます。

▼この記事に関連するコラム