格安SIMの通話し放題比較

格安SIMの通話し放題プランは通話料金を安くすることができて便利ですが、相手の声を聞き取りづらいなどの音声通話の質が方式によって異なります。
 電話を使う時は会社ごとにシステムを確かめ、ビジネスに役立てるためには様々なプランを比較してから、どのMVNOのプランにするか検討しましょう。




もしもシークスの特徴

 ビジネスなどで携帯電話を使うため料金を安くする方法を探すと格安SIMを使うと便利なことが分かり、興味を持ったために調べてみました。 プレフィックス方式 はmvnoを使っても電話番号をそのままで発信する事ができますが、IP電話と比べると通話料金が高いために注意が必要です。ただし、 音声通話の質はIP電話よりも高く、通じにくさや遅さを感じることはありません。 また、IP電話の場合は電話番号が変わってしまう問題点があります。
  通話し放題プラン は音声通話を頻繁にするため役立ち、 もしもシークスは業界初の音声通話し放題プラン があります。他にも 楽天モバイル IIJmio FREETEL などにも音声通話し放題プランあり、内容を比較した結果、もしもシークスに決めました。
 音声通話をする時は 基本料金が980円でかけたい放題とパケットの使い放題 のプランがあり、ビジネスなどで使う際に役立ちます。
 今では、音声通話はLINEを利用する人が増えていますが、音声通話回線からの通話を希望されるようでしたら、是非、検討してほしいMVNOです。
 ネットだけを使うなら基本料金が380円と安くなりますが電話も頻繁にするためかけたい放題を付けました。


安心して使いやすいことを確かめる

 通話し放題プランは会社によって内容が違うため、ネットを使って料金の特徴やシステムなどを比較しました。格安SIMで通話定額プランが16社もあるためそれぞれのメリットやデメリットを比較し、 IIJmioは通話定額オプション600円 FREETELは1分かけ放題 があり、 楽天モバイルの5分かけ放題 などもありました。
 ビジネスに携帯電話を使う時は音声ですることはお金がかかるために極力減らしていましたが、このような機能があるため気軽に言葉のやり取りができて良かったです。
 もしもシークスは同じ相手に連続して60回以上通話することや1日に50回以上通話をすると利用停止されることがあり注意が必要ですが、こういったケースはレアケースなので、電話する相手が決まっていて、頻度が多いは場合は注意してください。
 かけ放題はお得になりますがMVNOによっては上述の通り制限があるため、事前に調べてから契約しましょう。


ビジネスに活かせるように決める

 ビジネスに活かす時は音声通話時間は5分程度が目安のため、格安SIM(mvno)のかけ放題とプランごとにかかる料金を比較しました。 FREETELは100MBまでは1839円と最安値 ですが、 容量が増えると他社よりも高くなります。通話料金を安くする時はプレフィックスを付けると中継電話に切り替えてお得になり、もしもシークスや楽天モバイルなどが行っています。利用する時は専用アプリが必要なため、なければそのままの通話料が適用されることや110番や119番の緊急通報ができないなどのデメリットがあります。
 格安SIMのプレフィックスは通話品質の悪さがネックになり、相手の声を聞き取りづらいなどの欠点があり困りましたが、インターネット環境に左右されるIP電話よりは音声の質は高いです。音声通話は通話し放題プランを選ぶと安くなるように感じますが、事前に調べてから決めないと逆に割高になることや制限があるために注意すべきだと実感しました。


音声通話をしやすいことを確かめて決める

 格安SIMの通話し放題は通話料金を安くするために考えると便利ですが、プレフィックスを使っていて通話品質が良いことを確かめて決めることを心がけました。
 IIJmioや楽天モバイルは比較的良いために安心して使えますが、FREETELともしもシークスは悪いために料金だけを見て判断しないようにすることが重要です。
 固定電話にかけた時はナンバーディスプレイで通知されるか否かが重要で、されないと迷惑電話と認識して取らない可能性があるものです。音声通話は相手に聞きやすくすることが重要なため、途中で途切れやすくなると不安になります。ビジネスをする時は音声通話やEメールなどで情報交換するため、かけ放題の値段が安くて通話品質が良いことを重視して決めることにしました。

▼この記事に関連するコラム