「Apple Pay」って何?メリットは何?


スポンサーリンク

ApplePayはSuicaやクレジットカードに変わる iPhone7限定のサービスであり、メリットとして小銭やお札が必要ないことです。電子マネーとして活用出来たり飛行機のチケットの予約も出来るほか、アメリカで注目されている技術でもあります。

今話題のApplePayとは何か
1,電子マネーのような機能を持つ
2,クレジットカードやSuicaの代わりにもなる
3,次世代の支払い方法やサービスとなりつつある
4,海外旅行が多い人には何かとメリットが多い

1,電子マネーのような機能を持つ

 近年日本にはApplePayというサービスが話題を集めており、簡単に特徴を紹介すると 電子マネーに似た役割があります。
 iPhone7というスマホを利用することで使えるサービスとなり、メリットとしてお財布にお札や小銭を入れる必要がなくなります。
 それによってコンビニやレストランなどでの支払いも、非常にスムーズに出来るようになることがポイントです。特にお札や小銭をいちいち出さなく済むため、利用者の間では非常に好評価となっているサービスとなります。
 買い物や支払いが便利になるという点では、これからの日本でどんどん需要が増加していることが特徴です。
 日本のIT技術はどんどん進化をしているため、それと並行してApplePayというサービス利用者も年々増加傾向にあります。なのでiPhone7を持っているのであれば、積極的に活用すべきサービスともいえます。


2,クレジットカードやSuicaの代わりにもなる

 社会人なら誰もが一枚以上は持っていることが多い クレジットカードやSuicaですが、ApplePayはこれらを代用品としても使えます。
 利用するには一定の登録が必要ですが、実に簡単に情報を入力することでiPhone7があっという間に便利な機能搭載のスマホに早変わりします。
 またセキュリティーについても高いレベルとなっているため、個人情報流出などについても万全の対策が練られています。
 そして、 万が一スマホなどを紛失した場合においても、電話などで会社に連絡することで簡単にサービス利用を一時停止することも出来ます。
 これを活用することによって、 面倒な飛行機や新幹線のチケット予約もスムーズに行えるようになります。
 仕事などで、こういった公共機関の乗り物を利用することが多い人にとっては、何かとメリットが多いサービスとなっています。


3,次世代の支払い方法やサービスとなりつつある

 このApplePayというサービスを利用した決済方法については、今まさに次世代のSuicaやクレジットカードに変わろうとしています。
 今のところクレジットカードのポイントとは付加は出来ませんが、それでも非常に便利な支払い方法であることは変わらないです。
 特にアメリカでは非常に注目されている技術となっており、次々と導入するお店や企業などが増加しています。アメリカは日本に比べてクレジットカードの利用率が高いため、特にこのサービスや技術が注目されています。
 日本ではあまり普及がされていないという傾向があっても、アメリカではそういったことはないのも特徴となっています。
 ですが日本でも着実にこのサービスや技術は浸透しており、近い将来にかけて普及しようとしています。
 なので普及率についても、年々増加傾向にあるサービスとなっています。


4,海外旅行が多い人には何かとメリットが多い

 日本よりアメリカなどの海外で普及されているApplePayとなりますが、仕事や趣味で海外旅行に行く人が多い場合にはメリットも多いです。
 特にアメリカでは本格的に普及しているサービスとなるため、活用すると何かを恩恵を受けられることが多くなります。
 今のところはiPhone7限定機種のみのサービスとなりますが、
 今後はより多くのスマホで使うことが出来ることが予測されています。
 操作方法についてもとても簡単で、基本的にタッチパネルでタッチしていきその手順に従うだけです。
 定期的にスマホを使っている人であれば、特に問題なく使うことが出来るのもポイントとなります。
  サービス利用料金についても無料となっているので、非常に簡単に申し込めるのも長所となっています。
 特に若い世代やサラリーマンを中心に、利用率が増加しているのもポイントです。

スポンサーリンク