Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)を人気のスマホと比較してみた



スポンサーリンク

AppleのiPhoneの伸びが鈍化している中で、売り上げの挽回が成功しつつあるサムスンからリリースされた最新スマホ「Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)」ってiPhone6sやファーウェイのP9プラスと比較してどうなのか?調べてみました。


「Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)」ってどうなの?
サムスンってどうなの?
「Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)」の特長って何?
iPhone6s、ファーウェイP9と比較
今後のサムスンは?


★サムスンってどうなの?

 8月19日にサムスンは最新高機能スマホ「Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)」をリリースした。目の虹彩を利用する個人認証機能などの最新の技術を取り入れた。現在、サムスンにとってのライバル、AppleのiPhoneが不振の状態にある中、現在、サムスンのスマホ事業は大幅に利益を改善し、利益を向上させている。とは言え、この利益に関しては、売り上げが伸びたというよりは、コストの削減がうまく稼働しているといった理由で、出荷台数では、業界シェアになっているものの、現在の低下基調のシェアを一気に挽回して、実質の回復軌道目的をこのGalaxyシリーズの最新スマホ「Galaxy Note7」で達成しようとしている。


★「Galaxy Note7(ギャラクシーノート7)」の特長って何?

 8月11日にサムスンの無線事業本部長である高東真(コ・ドンジン)さんは、ソウルで開かれた「ギャラクシーノート7」発表会で、「注意深い姿勢はそのまま継続しつつも、少し期待がある」といった控えめなコメントの中にも自信を垣間見せた。
 「Galaxy Note7」は、ディスプレイのロック解除や、コマースサイトなどでの決済に人の瞳の虹彩を読み取る方式を利用し、現在、先端を行っている認証方式の指紋認証よりも安全性が高く、ギャラクシーのノートシリーズのポイントともいえる内臓ペンも進化して、入力可能な線の幅をさらに補足して、細かい描写なども描ける水準にまで進化し、辞書連動機能なども加えられた。
 サムスンは1年に2回、スマートフォンの最新機種を市場に送り出している。今年の3月にリリースされた「Galaxy S7」は、想定をはるかに上回る大ヒットを記録したが、これは、もちろん、端末そのものの価値が市場に受け入れられたという点もありますが、競合であるiPhoneの人気にかげりが見えてきたことや、家電量販店や併売店などが、コストをかけて、パワープッシュを行ってくれた結果といった部分も否めない。
 今回リリースされた「ノート7」の売上が本当の意味での市場の評価を示してくれるだろう。ちなみに、今回の特長として挙げられている虹彩認証は、サムスンがリリースする前に、富士通が実用化までこぎつけており、一部では、「Galaxy Note7」に目立った進化は存在しないといった市場の評価もありますが、この端末のすごさは、この虹彩認証だけではない事がポイントで、色々な機能を盛りだくさん搭載している事です。
 グローバル機種に関しては、決済や生活防水といった先端機能を盛り込むなど、帰納に関してはこの上ないスペックに昇華されている。


★iPhone6s、ファーウェイP9と比較

 一時期、アメリカでは、サムスンはAppleのiPhoneにスマホのシェア率で差をつけられていたが、現在は周囲に迫る状況になっている。インドなどの新興市場では、ハイエンドスマホではなく、安いミドルクラスやエントリークラスが売れている影響で、現地法人のスマホに後れを取る結果になっている。
 また、第3位のシェア率になっている中国のファーウェイは、サムスンのスペックと同水準のスマホをリリースできるようになってきており、サムスンは他社に先駆けて、最先端を常に、先にリリースする手法を取っている

端末名

Galaxy Note7

iPhone 6s

P9 plus

メーカー

サムスン

アップル

ファーウェイ

発売日

8月19日

2015年9月

2016年4月

サイズ

5.7インチ

5.5インチ

5.5インチ

ディスプレイ

有機EL

液晶

有機EL

解像度

518ppi

401ppi

401ppi

カメラ画素数

1200万画素

1200万画素

1200万画素

特長

虹彩認証
曲面ディスプレイ

4kで動画撮影

ダブルレンズで高画質撮影

薄さ

7.9ミリ

7.3ミリ

6.98ミリ



★今後のサムスンは?

 ここで、進化は止まらない。サムスンがリリース予定している次世代の端末は折り畳み式のフォルダブル端末だ。発売時期などは未定だが、折り畳み式のガラケーではなく、スマホの画面自体を折り畳みできる持ち運びの便利なフォルダブル端末など、技術革新はまだまだつづく、サムスンのGalaxyシリーズから、まだ、目が離せない。

スポンサーリンク