Galaxy Note7発表!脅威の防水機能と虹彩認証付き



スポンサーリンク

サムスンが発表したGalaxy Noteシリーズの最新作がリリースされました。まだ、日本では未発表ですが、「Galaxy Note7」は、驚きの防水機能と、虹彩認証という珍しい機能を搭載しています。そんな「Galaxy Note7」をリリース情報から徹底分析


「Galaxy Note7」ってどうなの?
情報処理はかなり優秀
バッテリーも満足スペック
カメラ機能は及第点
「Galaxy Note7」の防塵、防水は他と違う。
「Galaxy Note7」の虹彩認証とは?


★情報処理はかなり優秀

 見た目は、Galaxy S7 edgeに似ていて、左右の端の部分まで画面があり、両端のカーブに沿って画面が入っており、薄さも従来のシリーズと比較すると一番薄いという点で、見た目にもこだわったデザインになっており、黒とシルバー、ゴールド、ブルーの4色のラインナップが発表されています。
 情報処理速度も安心のCPUになっており、Galaxy S7 edgeと同じく、クアッドコアのチップセットを2つ搭載しており、複数の処理を指示しても、渋滞して、重くなる、落ちるという事が無い、最適化した最速の処理ができるスペックになっています。ちなみに、その為、処理渋滞から発生するようなバッテリーの消耗も大幅に軽減できています。
 また、ストレージは64GBあり、ほとんどの人がオンラインのクラウド上にメモリを置くようになってきているので、あまり興味が無いかもしれませんが、micro SDカードを利用すれば、最大256GBの容量になるので、写真や動画なども数多く楽しむことが可能と言えます。

 
★バッテリーも満足スペック

 バッテリーは、かなりの満足スペックで、3500mAhという大容量バッテリーを搭載しており、フル充電状態で普段使いであれば、1日程度は間違いなくバッテリーは持ち続けてくれるでしょう。また、充電に関しては、Quick Charge 3.0やAdaptive Fast Chargingの急速充電に対応してるので、大容量バッテリーなのに、充電に長時間を必要とすると言った事はありません。


★カメラ機能は及第点

 カメラに関しては、及第点といったところです。1200万画素のアウトカメラと、自撮りに利用するインカメラが500万画素といった一般的なレベルのカメラと言え、レンズはそれぞれ明るさを示すF値は2.0程度がハイエンドモデルに搭載されていますが、Galaxy Note7はF値が1.7という事でやや劣る水準ということになるでしょうか。


★「Galaxy Note7」の防塵、防水は他と違う。

そして、今回注目なのが、Galaxy Note7の防水機能だ。防水機能というと、水滴がついても操作可能という水準になるのだが、発表を見ていると少し違うイメージに感じる。まず、驚きなのが、スマホが防水というだけではなく、付属されているSペンも防水機能を搭載していると言うではないか。
 しかも、水滴があっても問題なく、操作ができるだけではなく、水中でも、タッチができているという点だ。防水は水の中でも操作できるというわけではない。水中対応型で無ければ無理だが、水中でもタッチできているという事は、それだけ防水機能が進化しているという事だろう。これは、他のスマホには無い。
 また、防塵も意外と便利だ。よくゴリラガラスを採用していて、割れにくいスマホといったうたい文句でリリースされているスマホも数多く存在しており、そんなゴリラガラスは実は、誇りに非常に弱いという問題点が存在しており、屋外でのアウトドア環境でのスマホ利用が多い人には、この防塵に対応しているスマホはお勧めだ。


★「Galaxy Note7」の虹彩認証とは?

 スマホのロック解除や認証と言えば、パスワードによる解除や、文字をなぞるような認証方式、最近新たに主流になりそうなのが、指紋認証といったこの3つがロック解除の定番になっている。この「Galaxy Note7」はいずれにも対応しているが、あらたに、虹彩認証に対応している。これは、目を利用した認証方式で、網膜などのシワの情報を利用してロック解除する最新の方式だ。
 また、ペンを浮かせた状態で、タッチすることで表示されるエアコマンドで動画からGIFアニメを構成して、SNSにアップロードができると言った機能も搭載している。

スポンサーリンク