「AQUOS SERIE SHV34」はネットサーファーにおすすめ?


スポンサーリンク

今年のauから発売された新モデルの中で、独自性を感じるアクオスフォンシリーズの最新作「AQUOS SERIE SHV34」は、価格が一括購入で84,240円で発売されました。独自のIGZO技術で画像表現はきれいなだけではない、新たな効果が加わり、カメラやエモパーなど気になるスペックを搭載している。


「AQUOS SERIE SHV34」ってどうなの?
インターネットがサクサクに感じる
画素数がすごい!カメラはどこまで進化するのか?
エモパーでさみしくない!
電池残量が危ないときは長エネスイッチ
安定的な高速通信


★インターネットがサクサクに感じる

 ネットサーフィンなど、インターネットで色々検索して、色々なサイトを閲覧したり、SNSでタイムラインを楽しむ人には、おそらく国内のスマホの中では、隋一といえるスペックを持っている。
 アクオスフォンはIGZOという画像解析ツールが、美しい液晶に美しい画像を反映してきました。このIGZOがさらに進化し、 ハイスピードIGZOを搭載しており、従来のIGZOでは、1秒間に60回の表示を行う60Hz駆動でしたが、今回は、ハイスピードに進化して、2倍の120回、つまり、 120 Hz駆動になりました。
 その結果、画像が多数掲載されているSNSなどを高速でスクロール操作をすると、画像が乱れたり、ぼやけたりしてしまうといったことがあるが、表示駆動が2倍の速度になるので、高速でスクロールしてもきれいに映し出してくれます。もちろん画像だけではなく、文字もはっきりと見えるようになりました。
  レスポンスの速度が2倍になったおかげで、快適さが向上することで、 目の負担も大幅に軽減されたという発表も出ています。文字や画像がぼやければ、目は、ピント調整をする必要がありますが、そういった負担を大幅に軽減できたという事になります。


★画素数がすごい!カメラはどこまで進化するのか?

 画素数は 2260万画素というかなり高精密な画素数になりました。また、カメラの リコーの「GRシリーズ」の技術になりますが、画質認証プログラム「 GR certified」を取得しており、また、レンズも明るい F値が1.9で、キレイで鮮やかな色を表現してくれます。
 また、画像の美しさだけではなく、カメラアプリの駆動速度も業界随一で、わずか 0.4秒でカメラアプリが立ち上がり、さらに、 オートフォーカスは0.02秒という事で、写真撮影したいその瞬間を逃すことはありません。


★エモパーでさみしくない!

 エモパーって何?という人も少なくないでしょう。シャープの独自の技術で、 人工AIが搭載しており、会話をすればするほど、スマホを操作すればするほど、その人のことを理解して、話し相手になってくれます。
 会話の中から、必要な情報を呼び出してくれたり、思い出して伝えてくれたり、アラートをしてくれたりと、お友達的な使い方をすることができるようになっています。


★電池残量が危ないときは長エネスイッチ

 電池自体は大容量のバッテリーを搭載していますが、充電をし忘れてしまったり、長時間充電なしで利用し続けてしまった場合に、 電池残量が残り20%の状態から約1日程度長持ちさせてくれる機能「 長エネスイッチ」を搭載しており、不要な処理やバックグラウンド処理の一部を停止させたり、節約を自動で行い、電池の消費を抑えてくれます。
 ただし、購入後、設定で「長エネスイッチ」をオンにする必要がありますので、ご注意を。


★安定的な高速通信

 高速パケット通信である4GやLTEを普段は安定的に利用ができていても、ラッシュアワー時間帯のターミナル駅などで、利用しようとすると、いきなりインターネット回線が重くなったり、遅くなるといった経験をされたことがある人も少なくないでしょう。
 これは、過密したインターネットアクセスが1周波に集中すると、発生する事象で、このスマホは、 キャリアアグリケーション機能を搭載しており、現在利用している周波が混雑している状況を検知すると、通信途中で別の周波に切り替えて、通信してくれるので、スピードに対するストレスを大幅に軽減してくれます。
 これは、使っている人のストレスだけではなく、 電池の消費も大幅に抑えてくれる効果もあります。

スポンサーリンク