富士通の新スマホ「arrows SV(アローズSV)」(F-03H)はタフネスボディ


スポンサーリンク

 前ページでは、「arrows SV(アローズSV)」(型番:F-03H)の見た目の高級さ、バッテリーの長持ちさと、同時にバッテリーそのものが消耗しないようにできている仕組みの部分と、おサイフケータイ機能やワンセグ機能について触れましたが、その他の頑丈さに付いて触れていきます。


★ちょっとやそこらじゃ壊れない

 スマホのトラブルの大多数が、「落として割ってしまった。ヒビが入った」とか「水没してしまった」とか中身ではなく、外部からの衝撃などのトラブルが圧倒的だと思いますが、そのたびに、修理費で2万円とか3万円とかかかってしまったり、そもそも、修理に出すと戻ってくるまで時間が掛ってしまうので、困ると言った理由で、そのまま使うしかないといった人が大半だと思いますが、このスマホはかなりのタフネスボディーを持っているので、そんな経験がある人は是非、ご検討してみてはいかがでしょうか?

1,そもそも傷がつきにくい
 スマホの中身の上に、アルミがありその上に、アルマイト層を施しているのですが、このスマホは、バイクのブレーキに使用されているハードアルマイトという特殊な表面処理を施しているので、傷がつきにくく、きれいな状態を維持してくれます。また、表面のコーティングも従来の対傷性約2倍のハードコートを施しています。これによって傷や指紋がつきにくくなっています。
 また、ポケットやカバンに入れておくと、しらない傷がついているなんて経験をされている人もいると思いますが、ウルトラタフガードという塗装がはがれにくく、擦り傷などが発生しないフッ素系のコーティングもなされています。

2,ディスプレイがヒビ割れしにくい
 最悪のトラブル、修理などに高額な費用と時間を要してしまうディスプレイのヒビ割れトラブルに関してですが、落とした際に、ディスプレイが地面に最初に触れないように、縁の部部を0.3ミリ突起した状態の形状にしているので、 落とした際は、ディスプレイではなく、先に、縁の部分が地面に触れる設計になっているので、ディスプレイに衝撃が走りにくくなっています。
 また、 ゴリラガラスをディスプレイに採用しているので、強度はスマホに搭載されているガラスの中でも、最強の強度ということもあり、安心です。

3, MIL規格の14項目クリアのボディ
 上記以外にもアメリカの国防総省が定めているMIL規格の14項目といった規格の審査にクリアしているので、安心です。

4,水に強い
 水没でスマホをダメにした人も少なくないでしょうが、雨などの水滴やちょっとした水没でも問題なく使用できます。(実際に水没したら、乾かしてから電池をいれて動作確認しましょう。)
 営業の仕事をしている人でも、突然の雨だって気にしないで利用することが出来ます。
 また、塩水にも対応しているので、海の水しぶきが、かかった程度ではびくともしません。

5,塵に強い
 このスマホはゴリラガラスと言う衝撃に強いガラスを使用していますが、唯一、塵を苦手としていますが、その埃にも対応しています。

6,高温低温多湿高低圧にも対応
 アウトドアを趣味に持つ人には、かなりオススメです。低温でも高温な場所だけではなく、多湿な場所でも問題なく、また、高低圧でもスマホを操作できるので、山登りで利用する人などにもおすすめです。雨にも強いので、天気の変わりやすい山での利用、キャンプでの利用などにも、おススメです。


続いてインターネットの速度が他の端末と違う点や、カメラ機能、気になる価格の部分にも触れていきます。
続きはコチラ

スポンサーリンク