Xperia X Performance(エクスペリアXパフォーマンス) SO-04H」のカメラが半端ない件


スポンサーリンク

従来、ドコモは約10種類のガラケーやスマホをリリースしていましたが、今年の夏のドコモから登場する最新のスマホは5種類と、かなり絞り込んでいます。その中で、ソニーモバイルコミニュケーションズから、登場したXperiaシリーズの最新のスマホ「XperiaTM X Performance(エクスペリアXパフォーマンス) SO-04H」の特長などを紹介していきます。ソニーの力を結集した大作と言えます。ここではその中でもカメラ機能にスポットを当ててみました。


「XperiaTM X Performance(エクスペリアXパフォーマンス) SO-04H」ってどうなの?
サイバーショットのノウハウが詰め込まれたカメラ
0.6秒でフォーカス付き撮影
先読みオートフォーカス
暗がりでも手ブレしない
プロ並みの写真を自動調整してくれる
高感度ISO
ズームしてもブレない、ぼやけない
大人数で自撮り可能
走りながら撮影してもブレない!


★サイバーショットのノウハウが詰め込まれたカメラ

 従来のハイエンドモデルのスマホでも、画素数は1800万画素から2000万画素が一般的でしたが、この端末は、メインカメラが2300万画素というかなりの画素数を持っており、こまかい表現をしっかりと捉えて反映してくれます。自撮り用のインカメラも1320万画素という、逆に顔の小じわなどが気になる位のスペックに仕上がっています。


★0.6秒でフォーカス付き撮影

 写真を撮りたいそのタイミングを決して逃しません。カメラキーを長押しするとカメラアプリが立ち上がりますが、撮影までの時間がわずか0.6秒でオートフォーカスまで対応します。撮影したいその時を逃しません。


★先読みオートフォーカス

 動いている対象物を撮影する時、対象物をスマホのディスプレイ上でタッチしてロックオンしておけば、被写体が動いてしまっても、最適化した写真を撮影してくれます。


★暗がりでも手ブレしない

 暗いシーンでは、手ブレ補正機能が付いているスマホやデジカメでも手ブレしてしまう現象が起きてしまいますが、このスマホであれば、ソニー独自の技術、画像処理エンジン BIONZ for mobileがしっかりと、被写体を捉えて撮影することが出来、周りの明暗に合わせて、シャッタースピードを自動調整してくれるので、室内の撮影もしっかりブレないで撮影できます。


★プロ並みの写真を自動調整してくれる

 写真初心者の人だと、撮影することで満足という点もあるかと思いますが、このスマホであれば、「 プレミアムおまかせオート」モードに設定すれば、自動でズーム調整や明暗調整して、狙った被写体をきれいに撮影してくれるモードが付いているので、スマホのカメラが苦手な人にはお勧めの一品です。


★高感度ISO

 夜景を撮影できるスマホは増えてきましたが、更に、高感度のISOを搭載しており、明暗が定かでない部分、色がはっきり区分けできないような暗い部分もしっかりとセンサーで捉えて、夜景やイルミネーションをくっきりと鮮やかに撮影してくれます。


★ズームしてもブレない、ぼやけない

 スマホでズーム機能を使うと、被写体がぼやけてしまい、くっきりとした影像を撮影できないといった問題がありましたが、この端末であれば、高画素カメラモジュールと、BIONZ for mobileが改良されて、5倍ズームの撮影でも、くっきり鮮明な映像表現をしてくれます。


★大人数で自撮り可能

 22mmの広角レンズを搭載しており、自撮り用のフロントカメラでもかなり広い範囲を撮影することが可能です。しかも1320万画素あるので、大人数でもしっかりと、みなさんの表情をしっかりと再現してくれるでしょう。


★走りながら撮影してもブレない!

 手ブレ防止機能が搭載されたスマホは数多くあるが、このスマホは、何と、走りながら撮影したとしても手ブレしないという「インテリジェントアクティブモード」を搭載しています。自転車に搭載して撮影など。スマホの利用方法を拡げてくれるでしょう。


これ以外にも、指でスワイプするだけでも自撮り用のカメラに切り替わったり、モードの変更ができると言ったUIのレベルも飛躍的に向上しており、スローモーション編集や音楽付きのサウンドフォトやARエフェクトなどの編集機能もかなり向上しています。カメラ好きには、是非、検討の1品と言えるかも知れません。

スポンサーリンク