世界中で利用できる格安SIM「GigSky(ギグスカイ)」とは


スポンサーリンク

 日本国内では、数多くの格安SIMを提供しているMVNOが乱立しており、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアの高速通信網を利用してサービス提供を行っていますが、海外向けに格安SIMを提供している「GigSky(ギグスカイ)」をご存じだろうか?
 海外での格安SIMの利用を検討している人は、まだ、少ないかもしれないが、海外渡航が多い、ビジネスマンなどには、使い勝手の良いサービスと言えるかもしれないので、紹介していきます。


海外でも格安SIMが活躍します
従来の海外でのネット通信や電話
「GigSky」は使い勝手が良い
海外利用目的の場合のSIMフリー端末の選び方


★従来の海外でのネット通信や電話

 海外渡航などで、通信を利用したい。スマホを利用したいといった場合は、色々方法はありますが、今回の「GigSky」のメリットをご理解いただくために、従来の通信についてまずは、説明していきます。
【海外ローミング】
 一番多いのが、利用しているスマホやタブレット、通信用のデータカードをそのまま、海外で利用する海外ローミングです。自動に近い形で、非常に設定も簡単にできる為に、
 スタンダードな海外での通信利用方法でしたが、かなり高額になるという事で、その利用料金の高さに不便を感じている人が圧倒的です。
【レンタルWi-Fi】
 次に多いのが、よく国際空港にカウンターが用意されているレンタルの通信端末です。確かにローミングするよりは安いのですが、それでも1日に3000円近い金額になるので、人によっては安いとは言えません。また、レンタルした端末が古くて、バッテリーが弱い端末も多く、利用する際にストレスを感じる人もいるようです。
【現地のプリペイド携帯やプリペイドSIM】
 恐らくこれを利用するのが一番、コスト面では安い通信方式と言えるでしょう。ただし、いずれも、現地の空港などで購入するわけですが、日本語でのフォローは無いので、敬遠されがちです。また、SIMになると、持っている携帯電話が、ドコモなどの大手キャリアで購入した携帯を利用することは難しく、SIMロックが解除されているSIMフリー端末でなければなりません。


★「GigSky」は使い勝手が良い

 前述の項で現在、海外での通信の方法について、いくつか補足しましたが、一つの提案として海外で利用できる「GigSky」は選択肢の一つになりえる通信方法と言えます。
【日本国内で設定ができる】
 世界中で利用できる格安SIMサービスですが、大きなメリットとしては、日本国内で設定ができるという点ではないでしょうか。国内でSIMカードを挿入して設定してから、利用ができるので、海外の現地のSIMのように現地の公用語に堪能でなければ、設定できないと言ったストレスがありません。
【3種類のサイズがある】
 SIMカードを購入すると、丁度、クレジットカードサイズのSIMがセットされた厚紙が手元に届くわけですが、自分の挿入するSIMのサイズに合わせて、切れ目をつかって切り取るだけで利用ができるので、サイズを選びません。
【安い】
 何と言っても最大の魅力は安さです。基本的にはプリペイド方式のSIMになっており、パッケージの料金は2980円になっており、不足分は公式ページから追加分を購入するだけで、利用が可能です。

 実際にどの位の費用になるかという点の目安という所では、アメリカであれば、100MBで1800円で3日間有効、250MBであれば、3000円で7日間有効となり、500MBであれば、14日間有効で4200円、1GBの場合は30日間有効で6000円となっており、従来の通信と比較するとかなり安価と言える。また、スマホが通信方式を選べるのであれば、テキストメールやテキストのチャット、文字数が多いポータルサイトなどであれば、低速通信に設定しておけば、通信容量に負担を掛けることなく利用できるので、オススメの選択肢と言える。


★海外利用目的の場合のSIMフリー端末の選び方

 ちなみに、この「GigSky」を利用したいという事であれば、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアのスマホなどのデバイスは利用することが出来ません。SIMフリーのスマートフォンでなければ、利用することが出来ないのでご注意ください。キャリアで利用していた端末を利用する場合は、SIMロックを解除しておく必要があります。
 また、海外利用が多い人なら、SIMフリーの端末でも、いわゆるデュアルSIMという2つのSIMが入るスマホがオススメです。片方に日本国内のSIM、もう一方を海外のSIMで利用すると言った方式です。

スポンサーリンク