「Huawei Y6」5型、ライトユーザー向け【ファーウェイ・ジャパン】登場



スポンサーリンク

 ファーウェイ・ジャパンから新作のSIMフリー対応のスマートフォンのリリースがありました。発売日は4月15日で、 価格は1万5980円で発売される予定であるとのこと。今まで、どちらかと言うと、ハイエンドまたは、ミドルクラスといった感じのスマホやタブレットなどの端末をリリースしてきましたが、ファーウェイにとっては、初めてと言っていいようなエントリーモデル、初心者向けのモデルの登場と言えます。
 気になる「Huawei Y6」のスペックを見ていきます。
 今後、Yシリーズがエントリースペックモデルという位置づけになるようです。


エントリーモデル「Huawei Y6」の内容
液晶はかなりキレイ
情報処理は意外と速い
メモリは少な目
カメラはそれなり
高速通信も安定的
バッテリーは及第点


★液晶はかなりキレイ

 5インチのスマートフォンで、液晶ディスプレイは、1280×720ドットで、お値段の割に意外とゲームや動画などを見ても詳細なドットで再現してくれます。粗さにストレスを感じることは無いでしょう。


★情報処理は意外と速い

 3万円から5万円クラスのミドルクラスに搭載されているような クアルコムの「Snapdragon 210」を搭載しており、1.1GHzのクアッドコアで1GBのRAMを搭載しています。
 このクアッドコアの御蔭で、色々な処理を同時に依頼しても、スマホの画面がガクガクコマ送りのようになって、最後はフリーズして、落ちてしまうと言った問題もありません。
 クアッドコアとは4つの頭脳があると言う意味で、処理を指示された順番に処理していくのではなく、4つの頭脳に振り分けて処理していくので、同時に処理していく事にストレスはありません。


★メモリは少な目

 安いから仕方ありません。写真や動画をスマホに大量に保存したいとか、ゲームデータを数多く保存したいと言った場合には、ちょっと力不足かも知れません。ストレージは8GBで、別売でmicro SDカードを利用すれば、最大で32GBになり、少なくは無いですが、ヘビーユースにはちょっと向かないかも知れません。


★カメラはそれなり

 スマホと言えば、カメラと思われている方も少なくないかも知れませんが、レンズは明るめの F2.0で鮮やかに撮影したい人には向いているかもしれませんが、 メインカメラは画素数は800万画素で、自撮り用のインカメラは200万画素というスペックになっており、2年前のハイスペックスマホの水準にとどまっています。
 とは言え、こだわりが無ければ、十分にカメラとしての機能、目的は果たしてくれます。


★高速通信も安定的

 高速通信が安定的かどうかという点に関して言えば、このスペックのスマホにしては、かなり安定的と言えます。高速通信の安定さは、SIMカードを提供しているMVNOのスペックに依存しますが、どれだけの種類の周波を受け付けられるかは、スマホのバンド数に依存し、このスペックのスマホにしては、かなりの周波を受信できると言えます。
 ただし、問題があり、ドコモの回線を利用しているMVNOのSIMカードでないと、通信ができません。 auの回線を利用しているMVNOの電波は受信できないので、ご注意くださいませ。


★バッテリーは及第点

 スマホを購入する時に気になるバッテリーですが、 2200mAhということで、比較的、多めの容量を搭載しており、フル充電状態であれば、終日、普段遣いであれば、問題なく、長持ちしてくれます。


 ファーウェイ・ジャパンが今回リリースしたエントリーモデルYシリーズの最新スマホ「Huawei Y6」は、2万円以下の価格で上記以外に、Bluetoothやテザリングなどの機能もあるので、おそらく人気のモデルになっていく事が想定されます。処理速度、液晶、高速通信、バッテリーの観点で他の同単価のクラスのスマホと比較しても、遜色ないスペックでした。

スポンサーリンク