「iPhone SE」SIMフリー版は無いの?SIMロック解除は?



スポンサーリンク

 最近のスマートフォンのリリース情報と言えば、圧倒的にAppleのiPhoneシリーズの最新スマホ「iPhone  SE」ではないでしょうか?サイズがiPhone5と同じ大きさになり、スペックは、iPhone6sなどとさほど変わらないスペック、それなのに、価格が非常に安いという事で、注目を集めていますが、大手キャリア以外で利用したい、格安SIMを使って通信料を下げたいといったニーズもあると思いますので、各キャリアでこうすれば、SIMロックを解除できると言った手続き的な部分、ルールの部分などを補足してまいります。


「iPhone SE」のSIMフリー版は無いの?SIMロックの解除方法は?
「iPhone SE」のSIMフリー版は無いの?
ドコモのSIMロック解除方法は?
auのSIMロック解除方法は?
ソフトバンクのSIMロック解除方法は?


★「iPhone SE」のSIMフリー版は無いの?

 結論から言うと、iPhone SEのSIMフリー版はメーカーであるApple社からは、現在、AppleStoreからのみ、購入可能です。
 では、それ以外で、SIMフリー版を入手することはできないのか?と言えば、中古端末である白ロムであれば、可能かと思われます。ただし、国内のSIMフリーの白ロムは、以下の項で説明させていただきますが、半年後、つまり10月以降であれば、中古ショップや中古サイト、オークションなどに登場すると思われますが、それ以内で、取り扱いがあれば、偽物である可能性もあるので、注意が必要です。
 海外であれば、実際に存在する可能性があります、海外の白ロムであれば、注意すべきは、日本国内の通信の規格に合うか合わないか?この点を見ていく必要があります。いわゆるバンド数と言われているバンドの数値が、海外のその白ロムの端末が通信できるバンドと、国内の通信事業者が取り扱っているバンドと一致しているかどうかを確認する必要があります。もし、海外のサイトなどにそういった表記が無い場合は取り扱っているサイトの運営会社に確認してから、購入を検討しましょう。


★ドコモのSIMロック解除方法は?

 ドコモで購入したiPhone SEをSIMフリーにして、利用すると言う方法もありますが、簡単ではありません。ドコモで購入した場合は、購入した日から起算して、6か月以上経過していなければ、SIMロックを解除することが出来ません。解除方法ですが、オンラインでドコモの公式サイトで解除する場合は、お客様サポートである「MY DOCOMO」からログインして申請するだけです。無料で受け付けしてくれます。ただし、ドコモショップやドコモインフォメーションセンターから申請する場合は3000円の事務手数料が発生します。
 ただし、すでに、ドコモで解約済みの場合は、解約後3か月以内でないと、解除してもらえないので、購入してスグに解約すると言う方法は使えないのでご注意ください。


★auのSIMロック解除方法は?

 auの場合もドコモと大体同じで、購入後6か月を経過していれば、SIMロック解除の申請が可能だ。オンラインのauお客様サポートでの申請であれば、無料で手続き可能です。店舗であるauショップでの手続きの場合は、3000円の事務手数料が必要になります。また、ドコモと異なり、解約後3か月といった縛り期間は、現在は設けていません。


★ソフトバンクのSIMロック解除方法は?

 ドコモ、auと同じで、購入後6か月経過していれば、SIMロックの解除の申請が可能になる。オンラインでの手続きであれば、無料で手続きができ、ソフトバンクショップで手続きする場合は、他社同様3000円の事務手続き費用が必要になる。また、解約してしまった場合は解約後3か月以内でないとSIMロックの解除はできなくなるので、ご注意を。

スポンサーリンク