3月1日スタート第3のラジオ「i-dio」は「i-dio Phone」で楽しもう



スポンサーリンク

 テレビでも無い、ラジオでもない、第3の放送「i-dio(アイディオ)」が3月1日にスタートしました。現在、福岡、大阪、東京でプレ放送が始まっています。また、それに併せてSIMフリー端末、i-dioに対応したSIMロックフリーのi-dio Phoneがリリースされました。
 そもそも「i-dio」って何?からi-dio Phoneの特長を紹介していきます。


【「i-dio(アイディオ)」って何?i-dio Phoneの特長は?】
第三の放送網「i-dio」って何?
i-dio Phoneと、他のスマホの違い
i-dio Phoneは、アミューズメント


★第三の放送網「i-dio」って何?

 i-dioはj-waveや各地域のマルチメディア放送株式会社などが提供する新たな通信網で、ラジオに近いけど映像も配信する新しい放送網で、現在、地デジ化しているテレビですが、以前はアナログテレビでアナログの通信から、デジタル放送に移行して、空いているアナログ通信網を利用したサービスです。
 その為、映像の配信もできるといった具合です。
 では、どういった放送が行われているのか?といった点ですが、今後どんどん増えていくと思われますが、現在リリースされている内容では、以下のような番組を予定しています。
【TS ONE】
 最高音質で、音楽番組や、ニュース、カルチャーなどを発進する番組で、音楽であればビルボードと連携した内容などを予定しています。デジタル地上波では、最高音質で提供されるという事で、音楽好きにはたまらない番組と言えます。

【Amanekチャンネル】
 車とスマホをBluetoothでペアリングして使うことで、カーライフを一変させます。
・最高音質の音楽を無料であらゆるジャンルの音楽を楽しめます。
・ゲリラ豪雨などの気になる天気情報を15分先の走行している地域の情報を先取りして教えてくれます。
・走っている地域の、クーポン情報やタイムセール情報などのお得な情報を配信します。

【i-dio Selection】
音楽放送番組で、ジャズやクラシック、名盤などを中心に提供していきます。

 これ以外にも、3つのチャンネルがあり、それぞれお得な情報を提供してくれます。


★i-dio Phoneと、他のスマホの違い

 このi-dio Phoneは、ココで説明している第三の放送i-dioを専用チューナー無しで視聴、閲覧できるところが特徴です。 このスマホ以外でi-dioを楽しみたい場合は、別売の専用チューナーを購入する必要があり、そのチューナーとスマートフォンなどをBluetoothでペアリングして利用する必要があります。
 カーステレオなどはまだ、このチューナーを搭載したモデルは現在、存在しておらず、スマホとカーステレオをペアリングして利用する必要があり、もし、ドライブで楽しみたい場合は、i-dio Phoneがあれば、これ一つで対応してくれます。
 現在、 購入したい場合は、Yahooショッピングのみですが、32,184円で発売しています。


★i-dio Phoneは、アミューズメント

 i-dioを楽しむことが出来ると言う以外にも、このスマホ自体が色々なアミューズメントを持っている所が特徴です。このスマホはSIMフリー端末なので、MVNOから提供されている格安SIMを挿入して利用します。
【地デジワンセグ対応】
 最近のスマホでは珍しく、ワンセグに対応しているのでテレビ番組を楽しむことが出来ます。FMラジオも受信しているので、ラジオが好きな人にもオススメです。
【選べるテザリング】
 テザリングの方法が、Wi-Fi、Bluetooth、USBから選択して利用することが出来ます。
【USB-OTG】
 まだ、認知が浅いですが、USB-OTGという新たな通信規格で、超高速に対応しており、ハイレゾ音源の送受信が可能になります。
【大容量バッテリー】
 3000mAhという圧倒的なバッテリーをもっているので、外で、放送や動画などを楽しみたいと言ったこのスマホのニーズをかなえるのに最適なバッテリーを搭載しています。
【急速充電】
 大容量バッテリーということは、一般的なスマホでは、長時間の充電時間を要しますが、高出力タイプのAC充電器での急速充電を可能にしています。
【クアッドコア】
 スマホの頭脳ともいうべきCPUが4つ搭載されており、同時処理に優れているので、動画や音楽ストリーミングを楽しみながら、他の操作もサクサク、フリーズしづらいのが特徴です。

スポンサーリンク