BIGLOBE LTE

セブン&アイのコマースサイト「omni7」で「BIGLOBE SIM」販売開始


スポンサーリンク

 大手プロバイダのビッグローブの格安SIMサービス「BIGLOBE SIM」のパッケージプランが、セブン&アイのショッピングモールサイト「omni7」で取り扱いが開始されました。「omni7」の特長や、今回取り扱われているSIMの内容を紹介していきます。


◆「omni7」とは?

 セブン&アイグループに所属するセブンイレブン、イトーヨーカドー、西武・そごう、ロフト、アカチャンホンポなどで取り扱っている商品をインターネット上で購入でき、デニーズの出前や、セブンイレブンの出前サービス、セブンミールの予約が出来たり、セブンイレブンの旅行サービス、セブン旅ネットの予約などもできる総合ショッピングモールです。
 購入すると、もちろん、セブン&アイの電子マネーの「nanaco(ナナコ)」を利用することができ、nanacoを利用して、購入すると、nanacoポイントが貯まるだけではなく、このomni7で購入することで貯めることが出来るnanacoネットポイントを溜める事もでき、2種類のポイントを溜めることが出来るという事が人気の一因になっている。
 また、コマースを利用すると、いつ、お手元に届くのか?商品は物流のどこにあるのか?といった情報なども確認できたり、商品の返品なども対応してくれるという事で、人気のサービスになっています。


◆omni7で扱っているBIGLOBE SIMの内容

 このomni7で取り扱われているBIGLOBE SIMですが、取扱いプランは大枠で2種類あり、データ通信用と、音声通話対応のSIMの2種類で、音声通話SIMは月1GBの音声通話スタートプランがあり、音声通話、データ通信専用のSIMはそれぞれ、3GBのエントリープラン、6GBのライトSプラン、12GBの12ギガプランがあり、ライトSプランまたは、12ギガプランを選択すると、12か月間、毎月200円値引きのキャンペーンを実施している。また、両プラン共に、複数のデバイスで利用できるシェアプランにすることが可能だ。

月間の
高速通信量
プラン名 音声通話
SIM
データSIM
1GB  音声通話スタートプラン 1,400円/月  
3GB エントリープラン 1,600円/月 900円/月
6GB ライトSプラン 2,150円/月 1,450円/月
12GB  12ギガプラン 3,400円/月 2,700円/月

いずれのプランでも初期費用として3000円の開通手数料が必要で、まず、omni7で購入する際は、3000円の決済が最初に必要となる。
 また、SIMカードの種類も3種類のサイズから選択が出来きるので、持っているSIMフリーの端末のsimスロットがどのサイズに対応しているのかを事前に確認しておく必要がある。もし、ドコモなどのキャリアから購入したスマホの場合は、ドコモであれば、ドコモショップ、などのキャリアショップに足を運んで、SIMロックを外してもらう手続きがひつようにあなります。
 また、「通話SIMを利用して、電場番号を引き継ぎたい」といったケースでは、ナンバーポータビリティ(MNP)を利用したい旨を元々契約しているキャリアショップでお伝えいただき、MNP予約番号を貰ってくる必要がある。
 その上で、BIGLOBE SIMに申込む際に、予約番号を報告すれば、電話番号はそのままでキャリアからBIGLOBE SIMに契約を変更することが可能です。
 ただし、契約を移行している間は、電話番号が利用できなくなるので注意が必要です。どうように、転送電話や、留守番電話、SMSなども同様です。以降期間中は利用が出来なくなります。大体目安として、早くて2営業日程度、遅くて4営業日程度は使えなくなるので、ご注意ください。


◆BIGLOBEなら通話も安い

 よくMVNOが提供している格安SIMは大手キャリアとの契約に比べて、高速通信料金は安くなるけど、通話料は別になるので、怖いと言ったイメージで躊躇される方もいますが、BIGLOBEではIP電話サービス「BIGLOBEでんわ」といったサービスも用意しており、一般的なスマホでは、30秒20円の通話料が取られますが、BIGLOBEでんわにすれば、半額の30秒10円で通話を利用することが可能です。また、更に、「BIGLOBEでんわ 通話パック60」といったサービスも展開しており、月に32分30秒から60分程度しか、自分から通話しないと言ったケースでは、月額650円で月60分まで利用が出来きます。1分の通話が大体10円少々といったお得な計算式になります。60分を超えた部分は、通常の「BIGLOBE でんわ」と同等の30秒10円といった料金で通話できます。

スポンサーリンク

BIGLOBE LTE

この記事に関連するコラム

Moto G5 Plusの特長とオススメのMVNOはどこ?

MotoG5Plusは、高いスペックとパフォーマンスを備えており、デュアルSIM・デュアルスタンバイへも対応しているため、仕事用のスマホととプライベートスマホを1台で共有して使い分けることが可能で非常...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

他社で購入したスマホや中古スマホもBIGLOBE SIMなら端末保証

格安スマホを利用しようとした場合、少しでも費用を抑えるために、白ロムと呼ばれる中古スマホや、大手キャリアで購入したスマホをそのままSIMカードを差し替えて利用するケースがありますが、そんなスマホに対し...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

中部電力の新電力(PPS)のBIGLOBE SIMのセットプランでお得に格安SIM

電力自由化に伴い電力会社を選べるようになりました。この話は関東圏にお住まいの方向けの話になりますが、中部電力の新電力を利用して、さらにBIGLOBE SIMを利用すると、電気料金が安くなるという話と、...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

GポイントでiPhoneやiPadを購入してBIGLOBE SIMに申し込むと大量還元

 Gポイントというインターネット上のポイント交換コンテンツをご存じだろうか?SIMフリーのiPhoneやiPadを購入して、インターネット大手プロバイダーのBIGLOBE(ビッグローブ)が運営するM...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

電力自由化!「ビッグローブでんき」など「BIGLOBE SIM」のセット割登場

 4月1日の電力自由化に伴い、大手プロバイダのビッグローブも電力の販売を開始した。「ビッグローブでんき」の登場です。「ビッグローブでんき」自体、東京電力などの電力会社で契約するよりもメリットがあるの...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む