1か月で100万台売ったHUAWEI Mate 8の購入方法及びスペック



スポンサーリンク

 まだ、日本では発売されていないHUAWEI製の新しいSIMフリースマートフォン「HUAWEI Mate 8」はハイスペックなスマートフォンとして格安SIMを検討している人には、気になる存在である。世界で発売日から1か月で100万台も販売したモンスタースマートフォンだ。
 デザインもiPhone6に似ているメタルボディで、価格はメモリ3GBでストレージが32GBのモデルが599ユーロ(日本円で7.7万円程度)、メモリ7GBで、ストレージが64GB野モデルでは、約9万円となっています。
では、そんな、ハイスペックモデルの「Android 6.0」対応の「HUAWEI Mate 8」が世界中で人気になっているそのスペックとは?また、これを日本で購入することはできないのか?購入方法にも迫ります。

◆超高速処理

 このスマートフォンは、iPhone6に似ているメタルボディの美しさや6インチのHD液晶(1920×1080ドット)に目が行きがちですが、見た目に関しては、どこのサイトでも取り上げられているので、一番重要なスペック部分、中身に関して注目していきたいと思います。
 まず、頭脳がオクタコア「Kirin 950」を搭載しています。このKirin 950に関しては、後程説明するとして、まずは、オクタコアです。CPUつまり頭脳が8つあるという事です。現在のハイスペックスマホにも、いくつかオクタコアモデルが存在していますが、広く多いのが、デュアルコアという2つの頭脳をもっているCPUが圧倒的に多く、スペックが良いものでクアッドコアと呼ばれる4つの頭脳を持っている端末です。
 頭脳が複数ある事のメリット、オクタコアであることのメリットに関しては、分かりやすく、同時処理に優れているという事です。スマホの処理を遅らせてしまうような動作、例えば、重いストリーミング映像を閲覧しながら、重いアプリをインストールすると言った動作を行うと、スマートフォンの画面が、ガクガク、ぎこちなく動作し、最後は画面が落ちてしまうと言った問題があります。
 しかしながら、オクタコアを持っていれば、ユーザーが与えた指示に対して、適切に頭脳を割り当てて、処理していくので、分かりやすく言えば、同時に複数の指示が来た場合、8つのオクタコアの頭脳を適切に分散して、それぞれ別個で処理してくれるので、スムーズにこなしえくれます。
 また、このオクタコアの中でもHUAWEIのオクタコアに使用されている「Kirin 950」が凄い。「Kirin 950」に搭載されているチップには、音楽信号処理用のデュアルチャネルのLPDDR4メモリとHiFi再生が可能で、Bluetoothや無線などの接続を容易に接続できるように作られており、セキュリティに関するそれぞれのコアプロセッサ部分などもまとめて処理できるという優れものです。
 また、まだ、スタンダードモデルにはなっていないですが、USBの接続も「UFS 2.0」や「UHS-II」に対応していたり、次世代通信の「LTE Category 10」にまで対応していると言うかなりのスペックです。ハイスペックと言うよりは、次世代に対応しているハイスペックという言い方が正しいだろう。
◆その他もハイスペック

 これだけの頭脳を持っているので、バッテリーもかなりの大容量です。容量4000mAhと言うスペックです。よく巷に、「フル充電で待ち受け状態で2日程度持ちます」といったスマホはハイスペックスマホで良く見かけるうたい文句だが、「HUAWEI Mate 8」は、「フル充電で普段遣いしていて2日は持ちます」と言えます。しかし大容量バッテリーって充電に時間が掛るのではと思われがちですが、30分あれば、フル充電完了するのもこのスマホの特長です。また、待ち受け状態のロック解除は、指紋認証となる。
また、カメラも従来のハイスペックスマホの追随を許さないスペックになっており、メインカメラが1600万画素で、自撮り用のインカメラが、800万画素というトンデモナイスペックだ、インカメラの画素数が、iPhone5のメインカメラ並みということだ。色はムーンライトシルバー、スペースグレーの2種類が用意されています。

◆日本で「HUAWEI Mate 8」を購入するには

 このスマホを購入したくても日本では販売されていないのが残念だ。世界展開されているのに、大きな日本市場への投下は未定という事だ。おそらく時間が解決してくれると思われるが、もし、どうしても手に入れたいと言う人には、2つの購入手段がある。オンラインサイト経由になるのだが、中国のメーカーの商品をあつかっているコマースサイト、株式会社ジャパンエモーションのホームページからの購入であれば、15時までの決済であれば、即日、手元に届きます。
 また、その他であれば、Amazonのサイトでも販売されている。ただし、日本のAmazon.jpではなく、米国のAmazon.comからであれば、購入可能だ。

スポンサーリンク