「インターリンクLTE SIM」から7GB、10GBの2プランが発表


スポンサーリンク

 大手プロバイダのインターリングが提供する格安SIMサービス「インターリンクLTE SIM」から新たに2つのプランが発表された。月間7GBの高速通信プランと、月間10GBの高速通信プランの2つのプランが新たに加わり、従来のプランから2GBのプランが無くなった。
 大手プロバイダのインターリンクとは言え、格安SIMを販売するMVNOとしての認知はまだまだ低く、サービスの特長なども公式サイト以外、あまり、出回っていないので、サービス内容、価格、特徴などを分かりやすく紹介していきます。


◆固定IPを持つことが出来る

 インターリンクのMVNOプランを契約すると「固定IPアドレス」を持つことが出来ると言うのが、他社のMVNOサービスと大きく異なる特徴です。
 そもそも、「IPアドレスって何?」という方もいらっしゃると思いますので、簡単に解説していきますと、インターネット上の住所という事です。あなたのネットワークを識別することが出来る住所、目印という事になります。インターリンクで契約すると、このIPアドレスを入手することが出来ます。


◆固定IPアドレスを持つことのメリット

 一般の携帯電話、スマートフォンの普段遣いを目的としてMVNOサービスを検討している人には、あまり興味が無いかもしれませんが、自宅やそのインターリンクのSIMカードを挿入した端末が、IPアドレスを持つことでのメリットは以下の通りです。
【オリジナルのホームページを作りたい】
 ブログなどではなく、オリジナルのURL(ドメイン)でホームページを作りたいと言った人には、嬉しいサービスかも知れません。固有のIPアドレスでサーバーを構築してドメインを取得し、メールサーバーなどを作ることもできます。オリジナルのメアドを作りたいといった人にも向いているかもしれません。
【外出先から自宅のPCにアクセス】
 個人事業主や法人でも立ち上げたばかりの人などに向いているかと思いますが、ビジネスで外出する際に、大事なデータなどもノートパソコンに入れて持ち歩くのは面倒ですよね?また、容量が大きいパソコンなどハイスペックなパソコンを仕事利用するのではなく、定期的に買い換えるものだから、最低限のパソコンで済ませたいと言った人向けかも知れませんが、自宅にサーバーなどを用意して、外出先からサーバーアクセスで必要な書類やファイルなどを利用して、つねにそこに保存しておくといった事が出来るようになります。
【リモートセキュリティ】
 ペットやセキュリティの為の用途、自宅にパソコンなど通信機器と繋いだカメラを利用して自宅内の様子を外出先から確認したい場合に利用できますし、お店を持っている人であれば、お店に防犯カメラを設置したいといったニーズにも対応することが可能です。
 いずれにしても、「IPアドレス」が付くと言うのは、余り一般的なニーズとは言えないですね。しかしながら、個人商店を立ち上げたい、自分でホームページを運用したいと言ったニーズなどには、初級編として、格安SIMを利用するだけでなく、プラスアルファの要素を持っている人向けには、要検討なMVNOと言えるかもしれないです。


◆MVNOとしての特長

 「IPアドレス」を持つことが出来るという部分が影響していると思いますが、月額のSIMの高速通信料金は決して安いとは言えないかも知れません。ドコモなどのキャリアと契約するよりは安いかもしれないといった程度の水準です。
 高速通信回線は、ドコモのネットワークを利用しており、日本でのカバー率に関しては問題ないでしょう。また、高速通信の速度という点でも、プロバイダサービスを行っているだけあり、全国の基地局数なども多く、他社のMVNOサービスよりも速度に対する不満は少ないと言えます。
 また、高速通信量をムダ遣いしないように、高速通信と低速通信を使い分けることが出来るのも、インターリンクの特長と言えるでしょう。
【インターリンク LTE SIM】の料金表

プラン内容 月額費用 備考  
使い放題プラン 1,080円 128kbpsの低速通信
月1GB 1,458円  
月3GB 1,728円  
月7GB 2,538円  
月10GB 3,132円  

※いずれのプランも初期費用で3,240円が必要になります。
※高速通信の上限の通信量を超えた場合は、翌月1日まで低速通信になります。

スポンサーリンク