ハイスペックスマホ「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」ってどうなの?



スポンサーリンク

 格安スマホサービスを提供しているMVNOの中では、後発のTCLコミュニケーションズからリリースされた新しいSIMロックフリースマートフォンの「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」は、音楽やカメラ機能が充実したハイスペックスマホです。現在、割賦販売と一括販売で発売されており、一括購入であれば、39,800円で購入可能だ。通信回線を担当するMNVOは、現在、MXモバイリングが提供している。
 そんな、気になる「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」の特徴を紹介します。購入すべき、検討すべきSIMフリースマホか見てみたいと思います。


◆音楽や音響が気になる人には、チェックしてほしい

 一番の特徴がこのスマホに搭載されている2つのスピーカーだ。スマホで音楽を聴くときは、イヤホンで耳に直接音を流すか、別売のスピーカーを購入して、音楽を楽しむのが一般的だ。もちろん、イヤホン以外で音楽を聴きたいのであれば、別売のスピーカーを購入して聞くのがお勧めなのは間違いないが、他のスマートフォンと比較して、この「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」は、そのまま音楽を聴いても、問題ない程度のスピーカーを搭載している。
 このスピーカーは、こだわりの音楽を聴きたい人が必ず検討するJBLの音質認証を得ているスピーカーであることを明記しておきたい。音を立体的に聞くことができる。つまり、ライブの映像や音楽、映画などを見る際に、臨場感あふれる音響を提供できるという事だ。
 また、スマートフォンなどで再生する音楽データは、圧縮された音を、解凍して、再生する仕組みで音楽を聴くことができることは一般的かもしれないが、残念ながら、本来聞ける音が100だとした場合、割合の問題だが、圧縮された音楽を聴くと9割程度、100に対して90程度の音しか、再生することができない。
 しかし、この「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」は、9割程度しか聞くことができない音に対して、独自の圧縮音楽再生テクノロジーを搭載しており、スピーカーから聞く場合でも、イヤホンで聞く場合でも、高品質の音を再生することが可能です。


◆スマホがDJブースに早変わり

 EDM全盛期と言われている昨今、ほとんどのアーティストが楽器を使用しないで、音楽をパソコンで作るなんて事が当たり前になっていますが、この「ALCATEL ONETOUCH IDOL 3」でも、スマートフォンではありますが、独自のDJアプリ「ONETOUCH MIX」を搭載しており、イコライザーやサンプラー、独自の数多くのエフェクトを持っており、Delay、Echo、Phaser、Jet、Rollなど自在に行うことが可能だ。
 また、作った音を3バンドEQで、プロ並みの自動補正をしてくれるので、持ち歩きながら、DJを楽しむことが可能だ。確認も上述の通り、迫力のスピーカーがその場で見事に再生してくれる。ですので、趣味がDJとしてすでにスタートしていない人でも、初心者でも手軽にどこでもDJになることができるという事だ。


◆カメラはどうなの?

 スマホである以上、気になるのはカメラですよね。カメラももちろん高品質です。アウトカメラが1300万画素という、現在リリースされているスマートフォンの中でも上位の画素数を備えており、自撮り用のインカメラも800万画素で、手ぶれ防止機能がついているので、自撮りも簡単に撮影ができます。また、手ぶれ防止は他の部分でも大きく活躍します。逆光や夜景など、色を再現しにくい場面では、逆光や夜景に対応しているスマートフォンの大部分は、1回の撮影で絞りを変更した撮影を同時に数多く行い自動調整して、合成して1枚の夜景や逆光の写真を作ります。この技術自体、素晴らしい機能と言えますが、同時に何枚も撮影して合成するので、小さな手ブレなどもしっかり反映してしまい、逆光や夜景は撮影できたとしても、ブレしている写真が取れてしまうといった問題がありましたが、このスマホは手ブレ防止機能が搭載されているので、こういったブレの問題も改善されて、夜景や逆光の写真を撮影することが可能だ。


◆屋外でもクッキリディスプレイ

 外でスマートフォンの画面を見ると、太陽の光のせいで、きれいに映らなかったり、見えにくいといった問題を感じたことはありませんか?独自の高解像度、広視野角の液晶パネルを採用することで、太陽の光などが強い屋外でのディスプレイの閲覧もしっかり色を再現して、くっきり、鮮やかな映像を届けてくれます。

スポンサーリンク