DMMmobile(DMMモバイル)

シャープの人気スマホ「SHARP AQUOS SH-M02」がDMM mobileで取り扱い開始


スポンサーリンク

 Android端末の中でも人気のハイスペックスマホ「アクオスフォン」の最新機種「SHARP AQUOS SH-M02」が DMM mobile(ディーエムエムモバイル) での取り扱いが開始されました。
 ディスプレイの大型化が進んでいる中で、持ちやすい5インチで、DMM mobileでの販売価格は、一括で39,800円、24か月の分割購入の場合は、月々2,115円で購入が可能です。
 人気の秘密を分析していきます。


◆ディスプレイのレベルが違う
 液晶のアクオスというだけあり、ディスプレイは更なる進化を遂げています。シャープ独自の技術ですが、「S-PureLED(エスピュアレッド)」という技術を採用しており、バックライトとカラーフィルタの事を差すのですが、写真というよりもより、リアルな実物に近い、目で見た感じをそのまま再現できるようになっています。
 また、見た時に見やすいように、これも、シャープ独自の技術ですが、「EDGESTエフェクト」で、ディスプレイの淵の部分に併せて、従来であれば、強いバックライトを照射して、強制的に鮮やかな画面を出していましたが、「S-PureLED」の技術もあり、柔らかな光を照射することができ、目に優しく、とはいえ、しっかりと色を再現することが出来ます。また、画像も好みに合わせて、ハイクオリティな微妙な明暗をしっかり再現する「おススメ画質モード」と実物そのものの画像を再現する「ナチュラル画質モード」、ブルーライトが苦手な目に優しい「リラックス画質モード」を選ぶことが可能です。


◆カメラがキレイ
 1310万画素のフルハイビジョンでの撮影、写真を撮ることが出来ます。画素数だけなら、他社の最新スマホにも近いスペックの端末がありますが、「SHARP AQUOS SH-M02」ならではの特長が多々あるので、カメラにこだわりがある人には、是非、選択肢に入れていただきたい端末です。
「Night Catch」
夜景や、薄暗い場所で、明暗が定かではない被写体もしっかりセンサーでとらえて、目で見た色彩、明暗を再現してくれます。
「逆光の撮り方が違う」
 逆光のシーンの撮影の場合、従来のHDRは、複数回露出を変え、連射して写真を撮影して、その画像を調整して1枚の写真を構成して、写真を最適化しているのですが、残念ながら、それでは、ブレてしまったり、ぼやけた写真が完成することが多く、「SHARP AQUOS SH-M02」では、連射撮影はせず、1回の撮影で撮影することが出来、ブレやボケを感じることない逆光シーンの撮影がしっかりできます。シャープでは、「リアルタイムHDR」と呼んでいる機能です。
「フレーミングアドバイザー」
 カメラ初心者の方でも、上手に写真が撮れるように、撮影したい被写体、シーンに併せて、最適化した写真構成を伝えてくれます。バランスのとれた写真撮影のアドバイスをしてくれます。ですので、もちろん、顔認識などもしっかりできて、自動補正なんかもしてくれます。
 全天球360℃であったり、パノラマ撮影など、色々機能が揃っているので、カメラ好きには是非、試していただきたいスマホです。


◆生活防水やおサイフケータイなどの欲しい機能はそろっている
 ディスプレイやカメラが特徴的すぎるので、ついつい、他の機能については、どうなのといったスマホとしての本来の機能面に関してですが、結論から言えば、スマホに必要な機能、携帯電話に必要な機能は全て揃っていると言えるでしょう。
 生活防水やおサイフケータイ、海外ローミング、テザリング、Bluetooth、Wi-Fiはしっかり備わっており、バッテリーも2450mAhと、フル充電状態で2日程度であれば、待ち受け画面状態であれば、持ち続けるでしょう。
 Android5対応で、4G高速通信が可能といったスペックです。これで、価格が一括で39,800円、2年分割で月々2,115円という事であれば、検討スマホの1台になりえるのではないでしょうか?しかも、格安スマホの中で、最安値を保証しているDMM mobileの通信料金で利用できるのも魅力と言えます。

スポンサーリンク

DMMmobile(DMMモバイル)

この記事に関連するコラム

DMM.make ROBOTSから「Tapia(タピア)」の発売開始

 最近では、SIMフリーが進んだおかげもあり、色々な端末が各メーカーからリリースされました。先日はシャープからロボット端末「ロボホン」の発表がありましたが、今回のリリースもロボットです。その名も「T...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

DMM mobile(DMMモバイル)にて、「HUAWEI Y6」発売開始

 業界最安値を謳い文句に、格安SIMを販売しているMVNO「DMM mobile」が、SIMフリースマホの大手「HUAWEI(ハーウェイ)」からリリースされている人気のライトユーザー向けのスマホ「H...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

「DMM Mobile」4月より価格改定!再び最安値へ

 4月1日からMVNO大手の「DMM Mobile」は再び、 業界最安値 になります。昨年の春までは業界最安値ですが、細かい部分、たとえば、3GBの通話プランであったり、5GBの通信専用SIMプ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

通話料を下げるなら「DMMトーク」がお得?

 格安SIMを提供しているMVNOの中で、安い料金設定と、高速通信の速度の質と言う部分で、高い評価を得ているDMM Mobileから、通話料をお得にするユーザー専用アプリ「DMMトーク」がリリースさ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

黒色登場「UPQ Phone A01X」16GBに強化!

 本サイトでも何度と取り上げているUPQ(アップ・キュー)のSIMロックフリー対応のスマートフォン「UPQ Phone A01」ですが、12月に発表されたマイナーチェンジモデル「UPQ Phone ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む