格安スマホを追求するならゲオモバイルも利用する価値あり!


スポンサーリンク

 格安スマホが選ばれる理由はどこにあるのか?答えは簡単です。毎月の携帯代の支払いの明細の項目の中にある「通信量」とか「パケット代」と呼ばれる、高速通信に要する通信料金を大幅に圧縮することにあります。つまり、お財布に優しい料金、従来のドコモやau、ソフトバンクなどの大手通信事業者に支払っていた通信料金を安く経済的負担を軽減することにありました。
 現在、こういった格安スマホを販売している会社をMVNOと呼んでいますが、このMVNOから通信専用のSIMカードや、通話にも対応しているSIMカードを、SIMロックフリーのスマートフォンやタブレットに差し込み、MVNOから指定される簡単な初期設定を行うだけで、通信料金を大幅ダウンできるという事。
 従来の大手通信事業者であれば、月額で4000円前後は確実にパケット通信代で支払っていましたが、MVNOが提供している通信料金は、使用するユーザーに合わせていくつかのプランを用意しており、安ければ、月額500円程度、高くても3000円程度で通信を利用することが出来ます。

 ところが、本当に「安い」を体験したいのであれば、CDやDVDのレンタルショップと言うイメージが強いかもしれないが、「ゲオモバイル」がオススメだ。
 現在、全国のゲオの全ての店舗ではないが、ゲオでは、「ゲオモバイル」というサービスを提供しています。ここでは、格安SIMと呼ばれるSIMカードを購入することが出来る。SIMカードを購入するだけなら、サービスや料金の優劣はさておき、DMM Mobileや、ワイモバイルなど、数多くのMVNOがあるので、ここで購入しなければならない理由にはならない。


 なぜ、「ゲオモバイル」がオススメなのかと言えば、まず1点目が店舗があるという事だ。MVNOは、ドコモやauの高速通信の回線を激安価格でサービスを受けられる点にあるが、各社少しでも通信料金を安くするために、店舗を持たず、インターネット上に店舗を持っており、オンラインでしかSIMカードを購入することが出来ない。
 しかし、「ゲオモバイル」はインターネット上でも、コマースサイトを用意して、SIMなどの販売をおこなっているが、ご存知の通り、ゲオはリアルに存在する店舗であり、その店舗で販売を行っているので、サポートであったり、商品の説明などを受けることが出来る安心感があります。特にスマートフォン初心者などにはありがたいと言える。

 また、決定的にメリットを感じるのが、通信料金だけではなく、中古のスマートフォンや、タブレットの販売も行っている点である。確かに大手の通信事業者が発売してくる最新のスマートフォンは、10万円前後もする端末ばかりで、スペックは確かであるが、少々、高額である。その点、格安スマホは、ハイスペックのもあるが、機能を必要最低限におさえつつ、ハイスペックに近い機能を搭載して、3万円~6万円の端末が非常に多く、手軽になったと言えるが、これでも、「高い」と思う人は少なくないでしょう。

 「ゲオモバイル」では、中古のSIMフリースマホである、世の中では、「白ロム」という言い方もされているが、中古の端末を扱っているので、更に安い金額でスマートフォンを利用することが出来る。ちなみに取扱い端末数は1000台以上とのことです。1万円以下の端末も少なくありません。通信料金を安くするだけではなく、SIMフリーのスマートフォンも手軽な費用で購入できるというのは、「安さ至上主義」のユーザーには「ゲオモバイル」は願っても無い存在と言える。

 また、白ロムを通常購入する際には、怖いのが、その端末がどのネットワークで利用できるのか?といった点です。ドコモなのかauの回線なのか?面倒ですよね?そこでゲオモバイルでは、ドコモ回線の格安SIMである OCNモバイルONE のSIMと、KDDIのauの回線の格安SIMを提供している「 UQ mobile 」のSIMの取り扱いの両方を行っているので、好きなスマホを選んで、どちらの回線が利用できるか店員さんに確認して購入するだけです。また、ナンバーポータビリティ(MNP)にも店舗にて対応しているので、初めて格安スマホに挑戦したいという方は是非、この機会に「ゲオモバイル」に訪問してみてはいかがでしょうか?
 現在50店舗以上で更に店舗拡大中で、最近では10月17日に「ゲオモバイル那覇新都心店」がオープンしています。

スポンサーリンク