高いけど絶対つながるNECの「デュアルモバイル回線」


スポンサーリンク

 格安SIMを選ぶ理由は、従来のドコモなどのキャリアから提示されている通信料金プランより安い料金で通信できることにありました。ところが、これから説明させていただくNECから提供される「デュアルモバイル回線サービス」は、完全に真逆を行きます。価格は高いです。ですが、高いレベルで安定的な高速通信が保証されているサービス設計になっています。NECの「デュアルモバイル回線サービス」について説明していきます。


◆なぜそんなに繋がるの?高品質の高速通信とは?

 9月18日にNECからリリースされた「デュアルモバイル回線サービス」は、auの回線とドコモ回線を2回線で高速通信回線をバックアップしているので、絶対つながるという点をアピールした高品質サービスです。
 どちらかと言えば、一般での利用と言うよりは、法人向けのサービスと言えます。電波に取って障害物の多い、建築現場などでの利用であったり、商業施設内の店舗での利用など、絶対にネット回線とつながっていなければならない現場での用途と言えます。


◆設置は簡単

 ドコモとauの回線をつないだ専用ルーターを設置して、固定の従来の通信と、モバイル回線を組み合わせたネット利用が可能となります。また、機器の提供から契約、サポートまで全部込みでの提供となります。通常、商業利用されている場合は、トラブルがあった際、それぞれが、別の契約になっていることが多く、トラブルの改善したくても、問題点を見つけ出すといった調査も複数業者にわたるので、時間がどうしてもかかってしまうといった事もありますが、冒頭でお伝えしているように、1社での契約になるので、万が一の事態に対しても、すべてNEC1社との契約になっているので、短時間で解決することが可能です。


◆でも高額です。

 安定的な複数キャリアのネットワークを利用でき、固定回線も対応しているということもあり、やはり、法人向けと言えます。プランは、「デュアルキャリアプラン」と、「デュアルキャリアプランEX」の2種類のプランが用意されており、初期費用で、いずれも、税別で12万円と高額です。さらに月額費用ですが、「デュアルキャリアプラン」では、4,000円に設定されており、「デュアルキャリアプランEX」になると、4,700円になります。700円の違いという事ですが、内容はどう違うのかと言うと、月間通信容量が異なり、「デュアルキャリアプラン」では、メインの回線が7GBでWiMAX2+/LTEになっており、EXプランでは、LTEは同様に7GBになっていますが、人気のWiMAX2+に関しては、通信無制限になっており、常に高速通信が約束されています。また、バックアップ回線に関しては、いずれのプランも同様で、無制限で通信速度が上下最大256kbpsが約束されています。


◆総括

 2種類の大手キャリアの通信回線を利用することが出来、一般の固定通信回線などにも対応しているという事で、市販されているルーター、通信環境としては、かなり質の高いサービスと言えます。
 世の中の通信回線の大多数が「つながる」事を前提にサービス提供していますが、その「つながる」速度に関してはなかなか、改善されず、体感としてはストレスが多い中で、このNECの新サービスは画期的と言えるでしょう。
 ただし、自宅用といった用途としては、初期費用が12万円とかなり高額で、なかなか手が出せないといったプランですが、法人向けで考えれば、ネット回線が保証されていて、この金額であれば、是非、検討しても良い商品と言えるでしょう。
 今後、このサービスがどこまで普及していくのか注目です。また、普及が高まれば料金プランなどもさらに増えていく事もあり得るので、しばらく「デュアルモバイル回線サービス」の様子を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク