FREETEL即日開通店舗が14店舗に!上野、宇都宮が追加


スポンサーリンク

 格安スマホの大手、ヨドバシカメラで最も売れている格安SIMを提供しているMVNOサービスのFREETELのSIMを販売している店舗が9月5日に、ヨドバシカメラ宇都宮店、ヨドバシカメラ上野店が加わり、全国14店舗になりました。
 店舗でできるサービスや、FREETELのサービスのメリットなどを紹介します。


◆店舗がある事のメリットってそもそも何?

 格安SIMを提供しているMVNOのほとんどが店舗を持ちません。MVNO各社はドコモやauなどの大手通信キャリアから高速通信回線をレンタルして、サービス提供していますが、大手のキャリアと異なるのが、数多くの店舗を持たず、人件費を抑えることで、既存のキャリアでは実現できなかったような通信料金設定を実現しています。
 また、設定自体は、非常に簡単で、SIMカードを既存のスマホやタブレット端末にセットして、設定アプリで通信の設定をするだけで済むということもあり、初めてスマートフォンを利用すると言ったような人でない限り、使用したことがある人であれば、簡単に設定ができるので、基本的には店舗があることにメリットがあるとは言い切れません。
 ただし、初めて、スマートフォンを触るような人であれば、設定に関しての質問や、設定を店舗スタッフにやってもらうなど、初心者の人には、通信料金の価格面でのメリットを手軽に受けることが出来るという事もあり、有りだと言えます。


◆FREETELの格安SIMの店舗でできる事

 FREETELの格安スマホは、ヨドバシカメラの店舗の中にあります。店舗がある店舗で購入すれば安心かどうかの指標にもなりますが、大多数の格安SIMでは、そもそも店舗を持っていないといったケースが多いですが、もし、店舗があったとしても、店舗でできることは限られており、格安SIMのSIMカードを購入できるだけで、設定は後日、自宅でする必要がある事が多く、もし、その場で手続きもやってもらえるというパターンでも、通信専用のSIMだけで、通話タイプのSIMは開通までに時間がかかり、後日自分で設定を行うといったパターンが多い中、FREETELのSIMは、通話のSIMでも即日開通の手続きが出来ます。もちろん、スマホの端末も同時に購入することもできます。ですので、通話SIMを購入したいけど、スマホ初めてと言った人には向いていると言えるでしょう。


◆FREETELの料金設定

 店舗でサービスを受けられることのメリットなどはお分かりいただけたかと存じますが、格安SIMで重要なのは、通信料金のメリットをどれだけ受けられるかです。
 FREETELと言えば、最安値の月々299円~格安スマホサービスと言うイメージが多いですが、これは、あくまで通話専用SIMで低速通信になってしまうので、メールをするだけとか、SNSでメッセージをよく利用すると言った用途であれば、かなり有益と言えますが、FREETELの一番のメリットは、通信料金の段階性のサービスと言えます。格安SIMでは、ほとんどが、月間の通信量が1GBで幾らといったように、月ごとで、高速通信の利用できる通信容量が決められていますが、これでは、毎月、どれだけ利用するのか把握していないと、なかなが、契約が出来ないですよね。
 また、月によっては通信量が変わることだってあります。そこで、FREETELでは、月間最大10GBの高速通信になりますが、100MB以下、1GB以下、3GB以下だった場合、それぞれに、料金設定がされており、自動的に使用量に応じて、料金が段階性になる設定を提供しているので、もし、使いすぎた場合でも、最大の10GBの2,470円と、初めての格安SIMを利用する人にとっても、お財布に優しいサービス設定になっていると言えます。
★月々「使った分だけ安心プラン」

月間の高速通信の
使用量
月額の料金
100MB以下 299円
1GB以下 499円
3GB以下 900円
5GB以下 1,520円
8GB以下 2,140円
10GB以下 2,470円



★FREETELの店舗

以下のヨドバシカメラの店舗で即日の通話SIMの開通が可能です。
Akiba、梅田、横浜、さいたま新都心駅前、博多、新宿西口本店、川崎ルフロン、吉祥寺、京都、仙台、錦糸町、札幌、宇都宮(9月5日~)、上野(9月5日~)

スポンサーリンク